amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

9月の音楽雑感(おばはんのひとりごと)

9月の音楽雑感(おばはんのひとりごと)

#ひとりごと公開すんな!!!!
#ひとりごと公開すんな!!!!
#ひとりごと公開すんな!!!!
・・・みたいな??ブログとは????
素人の文章とは??ネガな感想はダメ????

なんか最近音楽に対するごちゃごちゃした感想を
ブログで文章化しづらくなったなあ・・・
どこまでがOKでどこからが言いすぎになるのか・・・
明らかに意味不明な言いがかりだとか、内容に言及して
いないしょーもないことは一切書いていないけど
・・・もうめっちゃ怖いよね。怖いなあ。

ネガティブな感情を得るために音楽にふれているわけ
ではないけど、あーだこーだと感想を言いたくなる
のは仕方ないわけで・・・知ればこそだし・・・
知られなければ何も語られないのもそうで・・・
いっつもいっつも「めっちゃいい!!!!」ってわけ
でもなくね??そういうときは黙ってた方がよいのか。
ディスるような暇はないし、それは皆そうだろうし、
今回のあれは自分にはアレだなあ・・・(チラ見)とか、
細かい観点からの感想とか、もちろん「これめっちゃ
刺さるよ今回!!!!」ってときも、どっちも、他人の
感想を読むのは面白かったりするんだけど・・・・・・
音楽で何かひっかかったときはけっこう探すよ。
ネガでもポジでも。とにかくその作品とか人がどう言及
されているのか知りたかったりする。おもろいから。
どうでもいいようなノイズは無視して、どっちでも、
個人的感想が文章化されているとコンテンツとして
楽しいもの。自分の抱いた感想と似てるなとか違うとか、
その人の得てきたものから出た思いはそうなんだなとか、
そこも(YouTubeのコメントもそうだけど)含めておもろい。
いっつも最高!!!!しか言えないんじゃ飽きるよね。
そういうことではない話なんだけど、とても難しいね。

あれかね「今回イマイチぃ」と思ったときはそれを共有
しようとすんな!!!!ってのが世界的傾向なんかな。
いち・おばはんの感想(ネガポジ両方)をこれは建設的批判
です!!!!なんて主張する自信もないし・・・
(そう考える自由もあるんだけど)
とにかく「いいね!!」だけをテキスト化して広めて!!
そもそも広め「られる」人だけが言葉を発しなさいよ!!
・・・的な????ぼっちおばはんシャラップ??


9月終わるね!!!!

とても重みのある9月だった。
なんかねもう、細々とまだ生きているけど気が死にそうで。
仕事も減って(また回復傾向ではある)、趣味が止まって、
(訓練としての旅行や街歩き乗り物体験とライブ・1人外出系)
(快のインプットがないと100%鬱屈したいつもの感情
ばかりになって作詞作曲にもよい風が入らなくなる・・・)
(せめてギター練習しろよ・・・)
そんな別にめっちゃ趣味に生きてるわけじゃないし!!!!
と思ってたはずが自覚以上に気をそらす手段がなくて、
気が死にかけていた。このままだと耐えられなくなりそう。
そんな守るような家庭も、大切な何とやらも、他の人ほど
多くもない、っていうかない、自由と貧乏と不安だらけの、
ただの底辺でも、これなんだから。
まあ底辺はメンタルガチ固まってる系でなければもともと
不安要素は多いわけで。低い能力(いわゆる能力的なことから
器質的な向き不向き、人脈というかヒト受けする社会的能力も
含めとにかくあらゆるパラメータが低い)ゆえに脆弱な
生活基盤しか築けていないわけですから・・・

うわっ悲しい!!!!

書きたいのはそういうことじゃなくて!!!!
そろそろ本当にキツくなってきたときに、なぜかタイミング
よく音楽サプリを補給できたという、ありがたい話を残す。
もう書いてもいいよね・・・っていう。

9月5日(土)MORNING RIVER SUMMIT 2020
@大阪城音楽堂に行けてよかった!!!!
まさか今年こうなってからライブに行けると思わなかった。
っていうか家・職場・役所・スーパー以外の場所に行ったの
これが初めてで、森ノ宮とか大阪環状線とか、もうそっから
テンション上がる(乗り物!!!!)っていう。
チケット1000円でこんなに感動できるぅ!!!!
実際はものすごく警戒しながら行動するのでしんどいけど。
対策をしっかりして、電車でも会場でも、お互いにって。
気を緩めるのはよくないからね。

で、で、でも、くもり、風、木々、野外のステージ、
人、人、マスク、タオル、照明、音響、座席の✖、空間。
そんなにライブ行く人ではないので(実はあまり好きじゃない)
なんかもう、レベル1になってそこにおる感じ。
オープンエアってとても気持ちいいんだなあ・・・って。
豪雨と雷がものすごく怖いので、スマホで常にレーダー見つつ、

音!!!!空間に物理的に放出される音!!!!

これ!!!!
空気振動!!!!

照明!!!!色と光!!!!久しぶり!!!!

空気に音が乗っている!!!!

 

・・・なんかもちろん目当てのバンドを観に行ったわけだけど、
あと申し訳ないけど自衛的観点から全部のバンドは観ていない
んだけど、うわああ空気振動ーーーー!!!!
いつもあまり視覚的にはビビって見られなくて、今回も
視線は空中を漂わせつつ、いろいろ気を張って疲れつつ、でも、
うわあここにいるんやなあ・・・みたいな。
オープンエアきもちいいいいいい・・・って、なんか、
そういう開放感を得ることができた。
セトリとか、何の曲やったとか、まだそこまでレベル上がって
ない(リセットされた感じ)、しかも最近の配信曲聴いてない、
(ちゃんと買いますから・・・)
そんなあまりよくない(?)ファン失格みたいなおばはんでも、
なんかこの日行かないとアカンな、みたいな。

虫の知らせか????

ただ誰にも言えないし、とにかく2週間は厳戒態勢で、
ちゃんとその後も健康に過ごすことができて、ようやく
仕事仲間にぼそぼそっと言えるようになった。他の人も今
やっと、GoToを利用してよいとこ泊まったり(自家用車)、
職場でもそういう話ができるようになってきていて。
まあでもマジで罹患すると仕事自体があやうくなる職場
(職場というか身分かな・・・)ってのは変わらんわけで。

苦痛がデフォになってるのにあまり苦痛でない顔で
いなきゃいけない苦痛がずっと続いてる。

まあ皆そうなんだろうけどね・・・

ひとまず水分補給というか、また長距離を走るための、
今年後半をぎりぎりで乗り切るための、たっぷりした水を
飲んだような、空気を吸ったような、そんな1日。

どんな人にも何かしらのこういう水がもたらされて
いることを願うねえ。自分だけ、自分たちだけ大丈夫でも
それじゃ足りない。何らかの形でできるだけ多くの人が
健康を保てないと、結局は小さな範囲で言うと日本全体が
損するわけだよ。どう見られるかってお金儲けの重要な
要素なんだし。どういう人がどういうこと言ってる国か。
・・・そんなこともぐるぐる考えつつ。

9月は重要な水分補給ができました。

あとテレビね!!!!
9月12日(土)のTHE MUSIC DAY!!!!
Sexy Zoneの松島くん復活パフォーマンス!!!!
いやーーーーーーーーじーーーーんとしたなあ。
あの曲が息を吹き返したような。
RUNでもう、切り替わるのかなって正直思ってたので、
リスタートっていうチャンスが「こっち」になるとは正直
思っていなかったので、予想をよい方向に超えてきた。
今はコンサートも難しいし、感覚を取り戻すにはやりやすい
かもしれない。頑張って欲しいね。

それから嵐さんよ!!!!嵐「さん」かよ!!!!
この人らなんでこの間際になって謎の方向に進んでんの??
2019年末の「Turning Up」がすごく明るい気分にさせて
くれてたんだよね。まだ仕事も超忙しくて、いつもどおり、
年末のバタバタした気分の中で、2019年のキラキラが
この曲だった。いいやん嵐おしゃれやん!!って、軽い感じで
聴けていたのがすごくよくて。どっぷり感動しなくていい
軽くて踊れる名曲っていうのが好きなので。
あれ嵐さんなんか変わった??音楽おもろくなった??
今までも別にどうってわけじゃない(売っているという感じ)
けどデビューからもちろん知っているし、売ることがどんだけ
大変かを体現し続けてきたグループなので、嵐は「嵐さん」
であって、おう、という感じだったのに・・・

9月18日(金)ミュージックステーション
「Whenever You Call」/嵐
おいおいおいおい・・・これよすぎるぞ。これは。
ブルーノ・マーズのメイキングセンスが天才的なのは
もちろんなんだけど、この音の感じ、この詞の感じ、
いやさすがよく「嵐」を研究して作ってくれたんだなと。
なんというかこの曲さ、正直アメリカ人の、正直白人の、
キレッキレグッドルッキングボーイズグループとか、
正直黒人の、シルキーパーフェクトハーモニーシンガー
グループとか、そういうすげえ人たちが、超ネイティブ
発音で歌ったとしても、なんか、違うんじゃないか。

もしK-POPすげえグループに作るとなっても、また、
それはそれで違う曲になるんじゃないか。
彼らのVocalizationに合った、彼らに似合う曲を、
ブルーノ・マーズならまた別な感じに作るだろうっていう。
ましてやこの曲を作ったブルーノ・マーズ本人ですら、
セルフカバーするとなると、なんか、また、違ってくる
んじゃないかと思わせる空気がある。

ここまで"NEAT"(意味:きちんとした・こぎれいな)な
感じでこの曲を体現できるのって「ARASHI」だからじゃ
ないかなって思うんだよね。そこを狙って作ってある。
真面目なシンセのつぶつぶが並ぶ感じの音。
大野さんの英語のこなし方がとても丁寧でええわ。
彼はすごくさらっとしている。これが超難しいんだよな。
日本人の発音の構えって基本かなり個性的なんやと思う。
母音から幅があることが厳密に内容に関与しない。
相葉さんがそうだと思う。日本語の時点で幅がある。
なんとなく。ここは日本人えらくぶっ飛んで個性的。
それもおもろいよなって。一周回って個性的で。
ええ感じネイティブになじむ発音には少し距離がある、
なぜかそうなる感じが、逆に、個性的。
櫻井さんなんかバリバリのUSHipHop聴き込んでるのは
知ってるし、「構え」はすごく正しいのが分かる。
でも日本語よりめっちゃ個性的になるよね。
英語だと突然すげえ個性的になる日本人歌手の不思議。
これおもろいって新しい発見だわ。

嵐さんやっぱり目のつけどころが先進的やで・・・

 

9月ふわっと通じて、そして9月14日(月)デビュー!!
なんかメンズのことばっかり書いてないか私・・・
おばはん・・・・・・

ムンビン&サナ(MOONBIN&SANHA)

6人組K男子ASTROから2人がユニットデビュー・・・


ええええええ!!!!

知らんかったって!!!!

そんな真剣に追ってないからびっくりした。
というかASTRO自体知ったのが今年の7月やで。

BSでK-POPの番組があることを知ってTWICE目的で
見始めて、まあぼーっと見てたんやけど、あら??
この曲なにこれ????おもろい????
ってなったのがこれ。超カワイイ曲。

「When You Call My Name」/ASTRO

私はまず何をおいても音!Sound!第一主義者なので、
ロックバンドだろうがアイドルだろうがまずそれから。
顔もダンスも仲の良さもしゃべりも性格も大切だけど、
まずは音よ。音の「うまさ」に関しては難しいけどね。
実際ASTROってグループはそんなに売れているわけでは
・・・ないよね??たぶん。歌唱に関しても、まあ正直、
もうちょっと、って部分はある。
でも!!!!それを補ってあまりある個性的な曲!!!!
王道に歌い上げなくても、ゴリゴリラップじゃなくても、
そっかこういうK-POP男グループ「あり」じゃん。
この曲が入ったアルバム『GATEWAY』のカバーを見るに
シティポップ的なふんわりおしゃれを目指してるのかな。

・・・ありじゃん!!!!
コンセプトの立て方いいじゃん!!!!
メンバーに合ってるじゃん!!!!
本当に「When You Call My Name」がいい曲で。
衣装とかお化粧具合はそれでええんか・・・?ってなる
けど(いやチークめっちゃ赤いし髪で♡?とか半ズボンとか)
Prettyすぎて本人たちは(ええ歳したメンズなので)大丈夫
なのかちょっと気になるって意味ね。ディスりじゃないよ!!
音がカワイイから合ってるのは合っていて、プロやな。

そんで今回ユニットだとーーーー!!!!

しかも絶妙な2人よ。バランス妖しいわあ。
上手に選んだよねたぶん。そんな知らんけど「ウマイ」と
思わせる2人を組み合わせたね。なんかそう思う。
バチバチに華があるムンビンと伸び盛りのサナ。
表現したいことがよく合っていて美しいっていう。
そんで音よ!!!!またこれがウマイ!!!!
空気感・エアリーな音の組み立て方。
ちょっとだけフェミニン、ちょっとだけ妖しい、
ギリギリの(Bad IdeaのMVは限界)ダークな要素、
うまいことバランスとったね!!!!
っていう感想を言いたくなるユニット。
「All I Wanna Do」って曲がすごくいい。
ふ・ふ・ふわっとしたエアリーな音好きなんだよねえ。
男子が演じるフェミニンが昔から好きっていう。
まだハイライトでしか聴いていないので買います・・・
(本当はK-POP渡航して現地で買いたいんだけどね)
(去年からTWICEにハマって旅行ついでに買ってたよ)

なんか日本のメディアに多くコミットしてきてて、
10月4日の番組(ASTROのライブを放送してくれる)が
あると知っておどろいている。ここの事務所・・・
情報あまり知らないけどそんなに・・・だよね??
落とせるお金はそんなにないけど(ごめん貧乏・・・)
ちょこっと、追い、かけてる、かも??

よい水がいっぱいある9月でした。
少しだけ私も回復したっていいよね・・・・・・
いや何勝手にしんどくなってんのそんな別に何も
守るものもないのにさ・・・って自分で言っとく・・・
終わり。