amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

SSWしんどい説

ラジオでABC1008を聞き流していて積もった。
言語化する価値があるようなことじゃないけど
(コンテンツとしておもろないおばさんの感性で
書く文句に意味を見いだせない)必要ではある。
それで十分ですっきりさせたいので。

SSWしんどい説・・・
SingerSongWriterしんどい説。
男女問わずこれはけっこうポイントかも。
だいたいABC1008流しててひっかかりはないけど、
ちょこちょこ聞きたくない感じの番組がある。
SSWがしゃべってるとしんどい・・・
この局わりと男女ともSSW推してくる。
メインのおっさんがいてサブでちょいちょい言う番組。
メインMCの番組はそこまでしんどくない。
でも内容が超イマイチだから避けてるけど・・・

SSWって自分の苦手な類型がぎゅっとつまった人
しか生き残れない業界なんだと思う。
あったかくて熱くて冷静で嗅覚のいい類型。
女ならキツめ情念と自虐と素ありのまま感が可変値。
男は筋肉感?仲間作るの陰陽問わずうまそうな感じ。
計算高さデフォルトでしょ?
それが何か?やってけないでしょ?って言いそう感。
あと可変値を見いだせるほど違いが分からない。
声質がまずだいたいダメ。音楽はギターかピアノで。
メッセージ系かリアル系が推されがち。
わりとちゃんとしてる方が残る。
キワモノ系はあまりラジオ出ないからOK。
この界隈(こう呼べるのが本当にダメ)の女が好きな人は
この形式が変わらずに若くてカワイイ子が輩出され
続けるのをWelcomeしていくんやろか・・・っていう。
男はずっと一神教みたいなイメージ。言葉悪いけど。

しっかりとよく生き残りよくしゃべる。
音楽は自分が聴かなければいいけどしゃべりは・・・
別にアンタいらんねん・・・とかもっとせめて音楽の話
してくれよリスナーの電話正直いらんねん・・・とか。
1人だけの番組なら聞かないから流れの中でいる感じ。
しんどい・・・自分の類型をええ感じで主張してくる。
それを男がうまいことノッてはい!番組ええ感じ。
自分がどうであるかをけっこう謎に主張してくる類型が
とても苦手なので(音じゃなくてトークで)そこ。
ふんわり空気(時事話題)にふれてさらっと透明でいる
人はマジでいない。大阪だからか余計に。透明感がない。
この界隈ほんま透明感がないよね・・・
声質とかあったかくてややくすんだ味のあるってやつ。
超苦手。なんかもう。

時間帯が更けてやっと落ち着いた番組になるとその
さりげなさにマジ感謝したくなる・・・個人差はあれど
全体的な番組コンセプトとしては範囲内という感じ。
あんたがどうであるかグイグイ知りたくはないねん。
音楽と今を共有する感じでおって欲しいねん。
SSWなんやからマジせめて音へのこだわりだけ話して
くれたらそれはそれで得るものがあるのに・・・
なんか「あたしはこう」(しかも音楽以外)話興味ない。
おっさんのそれも興味ないけどさ、時事問題にふれて
マナーを保ったほどほどの共感とか人間的空気を提供
してくれたらそれでOKなんよ。リスナーの投稿もそう。
うわッとグイグイな感じマジいらねえ。

パーソナリティに対して妙に上からの人とかノイズやん。
なぜ読まれる?よく送るから?ああいうしつこさ。
リクエストもそう。なんか妙に同じアーティストの曲が
周期的に聴こえることに気づいたらその人が嫌いになる。
もともと音そのものが苦手な場合が多いけど。
それが男女ともSSWってのも興味深いよね・・・
多くの人がリクエストして広く人気なのかもしれないけど。
あれこの人の別の曲前も聴いたよな?うわッてなる。
苦手・・・声質・曲調・アレンジ・詞が描く世界・・・
そんなバァアアアンと売れてないけど濃いこってりした
ファンがおるんやろな・・・しんどい・・・
リクエストする人がいてこその番組やから文句言えない。
送りもしない(自分の発信がのると思えない)奴が何
言っても正義にはならないけど、送るの好きで文章と
キャラがうまい人はもう一歩「リクエストの仕方」も
こなれて欲しいなあと思ったりする・・・

こないだふとすげえいい曲がかかっていた。
稲垣潤一「週末のStranger」2017年の曲らしい。
なんかの番組のテーマソングだったらしい。
ふわっと聴いてたときなんか大滝っぽい?曲のような
気がして。ああこういう曲この人にもあったんやな・・・
昔のかな・・・と思ったら違った。2017年の曲だった。
作曲は平井夏美(=川原伸司)作詞は河口京吾(=河口恭吾)
不思議な感じ。ああこれは稲垣つええなっていうか。
この曲調でもっとねちこい声なら無理って思いそう。
この声と商業っぽく生き残ってる感じは好き。
似非さわやか感というか。まあ声質がすべて。
アーティストじゃなくて曲単位。もしかしたら苦手な人
でも「これはええやん」って曲があるかもしれない。
しゃべりの印象がしんどいと知ろうともしないけど。

こういう「自分にとっていい感じ」の時間は無記名で
流れていく。それが条件なんだけど・・・「はっきり
意識するわけじゃないけどなんかええ曲が流れてた」
はネ申。そういう状態が生まれていたらネ申。
記録されるわけでも今私に記憶されているわけでもない。
ああなんか昨日のこの時間帯ええ曲かかってたな・・・
いちいち覚えてはいないけど・・・これってマジネ申よ。
上記の曲はけっこうインパクトあったんで調べた。
好印象。こういうのがスポット的にあるとうれしい。

余計な自己主張グイグイトークなし。
リスナー投稿節度保ってさらっと。
バラエティに富んだ音楽。
いろいろあったら苦手なものも小さくなる。
そもそも私が勝手に苦手なだけで濃ゆく好かれている。
それも1人ではなく複数であろう。
番組MCに起用されるだけの魅力がある。ファンがいる。
マイノリティでアホみたいに文句言ってるのは私だけ。
損っていうか私の感性がおかしいのか?
私が好きなものはやめた方がいいんじゃないか・・・
なんて思ったりする。こんなんに好かれて迷惑じゃん。
なんて。なんて。なんて。
音はそういうのないから、これからも好きな音を探す。
別にここで誰もジャッジして攻撃してこないから、
(私の人格および文章がウザいことは自覚している)
好きなものと苦手なものをアウトプットしておく。
残念な感性(それは好きな音に対して失礼!)の一例。
こう・・・なんでも「いいね」がお金になる時代に、
「いいね」じゃない人格ってお金にならなくて損。
リモートでうまく稼ぐ系を稼がせないためには、
せめてできることは「かかわらないこと」
・・・話変わってるけどそういう「いいね」への
感覚はもっと閉じた方がいいなあと思っている。
おわり。