amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

顔(ヴィジュアル)から入る音楽

こんにちはamrskJPN(あおむらさき)です。
年末になると音楽番組がたくさんあってよいですね。
疲れて帰ってきてふとテレビをつけると・・・キラキラした
ステージでキラキラしたアイドルが踊っている。
最近King & Princeを目にすることが多くて、もちろんデビュー
したことなどは知っていたけれど・・・よく見るとみんな
レベルが高くてよい感じで・・・うわあこれは♥♥♥♥♥♥
人数も6人と見やすくて、センターはもちろん脇を固めるメンバーも
みんなわりと背があって顔もイケてる。最近のジャニーズは
(ファンの人超ごめんなさい)ぱっとしない顔がまざっている
ことが多くて正直残念だったのですが、これは売れるわけです。
やっぱり「きれい」って男女問わず正義やなあと思います・・・

いつになっても 幾つになっても(これポイント)
目に入ることが多いと曲もきちんと聴くようになる。
サビの「きみは~しんでれらがーるまいぷれーしゃすわーん!」
くらいしか知らなかった(それでも覚えられるサビは正解!)ので、
サビ以外をじっくり聴くと・・・この曲なんかすごい難しい。
頭サビの王道アイドルソングなのに各節の終わりが独特というか。
華やかなサビの終わりで「Always makes me happy!!」の謎の
終わらなさがはじめのポイントでしょうか。難しい曲です。

Aメロの「全然早すぎるのに」の譜割りが独特でつかめないのが
第2ポイント。このおしゃれな流れを特にうまい紫の人が1人で
歌いきるのは分割よりも効果的。このグループはみんな歌もダンスも
うまくて(本当はそれがふつう・・・)不安定な要素がないことが
全体のクオリティを高めているんだなあと感じます。

Bメロからの展開も忙しいし、何よりメンバーの声質と詞の対応が
よく考えられているなあと感心しました。そもそもきちんと生で
歌ってくれているからこそ一人ひとりの声質が(テレビで観る程度の
私にも)認識できるわけで、その点も含めよく考えられています。
安定感のある人が続いたあと声に特徴のある黄色の人(色の名称は
いろいろと細かくあるそうですが一般の感想なので・・・)が
「約束」「そこそこ」「駆け出す」など彼のCUTEな発声がいかされる
「カ行」もりだくさんで印象に残ります。そしてサビ前Bメロ終わりに
謎の一旦休止(笑)サビ直前に「人波に消える」・・・とふっと。
あっサビ前止まるんだ!?とこっちも気になります。うまいなあ。
そのあたりは赤のセンター君がばっちり映るわけで。
河田総一郎って人は佐々木望との音楽ユニットで・・・欅坂46
「二人セゾン」を手がけたりもしていて注目したい。特にこの
「シンデレラガール」では作詞もしているのでお仕事はんぱない。
“いつになっても 幾つになっても”・・・プロやなあ。

顔(ヴィジュアル)から入る音楽
総体としての「心地よさ」を求めて音楽を聴いているので、
顔から入っても全然OKだと思います。アイドルソング(特に大手)は
大きなお金が動く分結局携わる人もそれなりになるのではずれない。
ふだんなんとなく耳を抜けていく音楽でも、ふと視覚的に立ち止まる
要素があればもっときちんと聴こうとするし、聴けば実は凝っている。
何より心地よさが得られる。音の時点でひきつけるって相当難しいし
いろんな刺激に慣れた私たちにはそう必要なことでもないのです。
(不快さ・過激な感じで聴覚に刺してくる音楽はときどきあり、
それは個人的にはいちばん嫌だなあと思っています)

長くなりましたがキラキラしたアイドルってええなあ。
年末のいろんな番組が楽しみです♥♥♥♥♥♥
よい素材をそろえて(本人達の自覚含め)戦略的に売る。
朝の番組で岸優太さんが「これからショウビズ界で生きていく上で
参考になりました(和太鼓パフォーマンスを経験して)」みたいな
コメントを発していたのを見て・・・すげえな若いのに覚悟ぱねえ。
朝から謎の気合が入った(自分に)気がします。
そのくらいでないとアイドルとして輝いていられませんもの。
今までジャニーズのCDは1枚も買ったことがなかったのですが、
King & Princeの「シンデレラガール」は買うつもりです。
なんとなくお店で買いたいなあと思うのでちょっとあとで・・・

【追記】購入してフルで聴きました!!!!
2番とCメロのメロディラインがカオスすぎてふっ飛びました・・・
岸さんのポイントは「母音ア」なんだなあとか、すばらしい曲だけど
どうしてもベースの音色と動き方が苦手すぎる(編曲はあの船山基紀
大センセイなのですが・・・)とか・・・いずれにせよ
発見がたくさんあってとても興味深いです。「シンデレラガール」は
リミックスを聴いてみたい気もするなあ。

カップリングの「Funk it up」はCHOKKAKUサウンドがすごすぎて
笑ってしまいましたwwwwどうなんだろう。
本人たちのインタビューを読んでみるとけっこうHIPHOP男子が
多くて、それぞれに音楽世界があって頼もしくもあり、悩ましい。
しっかり世界観があればあるほど「アイドル色」が嫌になったり
してうまくいかなくなるケースがあるので・・・

個人的には「ラップとか楽器とか作詞作曲とかに手を出さないで、
正統派アイドルをすごく高いレベルで演じきって欲しい」という
勝手な夢を彼らに見ています。だって全員イケメンで全員ちゃんと
歌えて全員ちゃんと踊れるグループってそういないもの。
「ジャニーズなら生歌が下手でもいい」とかそういうのを壊して、
これからのハードルをどんどん上げて欲しい。どんどんハモって、
どんどん踊って、キラキラしたアイドルポップスをおそろしく高い
レベルでつくり上げてくれたらなあと思います。

アツく語ってしまいました(笑)
でもそのくらい魅力のある(新規顧客を呼ぶ)グループなのでは
ないかと思います。以上!!!!

おばさんもティアラ(彼らのファンの呼称)になります♥♥♥♥♥♥
連日残業続き&ストレスで壊れてきているようです。
アイドルしか癒してくれる存在はいないもの(涙)
みんな面倒なことは『私とは』したくないんやなあ・・・って長く
生きてすれ違うことをくり返すと本当に諦めざるを得ない。
ここまでお読みいただきありがとうございました!!