amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

Vocalはアレンジの構成要素 - 実例紹介32「たぶんHEAVEN」

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
2018年9月30日(日)のIDLMs.のワンマンツアー初日!
I Don't Like Mondays.
2018 A/W TOUR "A GIRL IN THE CITY"
台風24号により延期・・・自分が思う以上に心がぽっかり
しました。台風は2~3日前からはっきりと分かっているのが
余計にストレスになるのかもしれません。また万全の態勢で
大阪に来てくれることを願っています!

さて何を思ったのか台風直撃の中(24号はましでした)
「キラキラふわふわした曲が聴きたい・・・」と作曲開始。
備えはちゃんとしてあり家にこもって暴風にじっと耐えるのも
しんどかったのでよい気分転換になりました。
ぼんやりと以前から「ミドルテンポのふわふわした曲」という
イメージが浮かんでいたこともあり6時間で完成しました。
できるときは本当にすぐできるもんやなあ。

Vocalはアレンジの構成要素
うたものを作っている以上「Vocalもアレンジの一要素」で
あるということを意識するというか、歌メロとして独立させるの
ではなく溶け込ませる、ハーモニーや対旋律の音色として声を
選択すると作業的にラクで効果的であることに気づきました。

「なんだかふとふわふわした音にふれたくなった」(今の自分)
と「たぶんHEAVEN」から詞を作り始めてリズム(8Beat)を
BPM92で鳴らしながら歌うと見えてきます。
「キラキラ ふわふわ ゆめかわいい」のメロディが固まった
ところでだいぶ形になってきました。ふわふわ感はやはりどんな
シンセ音よりも空気を含んだ声によるコーラスで作ります。
自分で歌えばよいのでコントロールがしやすくて早いです。

仮Vocalを6トラック録音したところで本番を録り直す気力が
なくなってしまったのでそのまま仮ver.を採用しました。
仮の段階からわりとていねいに録音しておくと助かります。
今回は(いつも?)バックトラックは作りこまず、ふわキラな音を
てきとうにGateやPanで散らしたりDelayをかけたりしてまとめ
ました。コード進行はBbm/Gb Ebm Bbm Abのくりかえし。
Vocalトラックをミュートして聴くと本当になんてことないです。
(完成形がなんてことあるのかは別として)
そんなに考えなくても自分が聴きたい曲なら作れる(ときは
作れる)って趣味としてよいなあと思いました。

キラキラふわふわした今私が聴きたい曲です。
2分5秒なのでよければふわっと通っていってくださいm(__)m

youtu.be「たぶんHEAVEN」/amrskJPN

なんだかふとふわふわした音にふれたくなった
なぜかHEAVEN HEAVEN HEAVENみたいなことをくりかえした
「あいむどりーみんぐおぶゆー」ふっとうたう
甘いゆめにふぉーりんぐだうん うっとりとおやすみ
ちょっと疲れているのかもしれない

たぶんHEAVEN HEAVEN HEAVEN
(わっといずHEAVEN? わっといずHEAVEN?)
キラキラ ふわふわ ゆめかわいい
どこにもない幸せがたぶんHEAVENにはあるような気がする