amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

バンドにおけるKey.の役割

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
このタイトルでカテゴリ「作詞作曲のヒント」??
他につけようがなかったからですが、バンドにおける
それにならヒントになるかも知れないということで・・・
堅苦しいタイトルをつけましたが、本格的にバンドを
やっていたわけではない元部活バンド下手Key.の話なので
ゆるーーく読んでいただければ幸いです。

バンドKey.は何でも屋
元部活バンドでゆるくコピー(&自己中オリジナル)を
させてもらっていましたが、Key.はやはり「何でも」
やれることはやるのが大切だと思います。
女子ばかりで(私はいろいろ迷惑かけてましたが)
ゆるくやるにしてもそれなりに形にしたい。
メンバーの力量もばらばらならバランスを取るのもKey.の
役割なのではないかと思います。自分も下手ですが・・・

コピーしていたのはaikoジュディマリブリグリ
矢井田瞳など超難しい人たちばかり!!!!
私は基本的に楽譜どおりには弾かない(弾けない)ので、
確認したいところだけコードを把握しておいて、
あとは「どれだけ省きつつ『その曲』たらしめている
要素をできるだけ簡単な方法で鳴らすか」に注力して
いました。

例えばaikoの「カブトムシ」は逃げられません。
あれは冒頭のピアノからきちっと弾かないと「カブトムシ」
にならない。弾くことが超下手な自分は死にました。
ああいう曲はイントロだけせめて完璧にして、伴奏は
印象的なモチーフだけ入れられたらOKでしょう(涙)
それよりちゃんとハモりを入れることが重要です。
Key.がいることってその部分も大きいと思うからです。
音源になくても(笑)適当に3度下でじゃましなければ歌に
広がりが出て映えます。ピアノをごまかせるんです。
※Vo.が歌姫系ガチ上手さんならやめましょう!でもやりようは
あるので(「カブトムシ」をKiroroっぽくやればよいのです)
ピアノは適当に弾いて歌ってごまかせます。けっこうイケます。

CASIOはお値段以上♪
当時もCASIOのキーボード(手放したので型番不明)を
使用していたのですが、お手ごろ価格で機能豊富という
自分にはとても合った楽器でした。自分で運搬するため
軽さは重要でしたし、楽器店が怖かったし(涙)知識も
ないしとりあえずこれ!イオンの中の島村楽器で買える!
店員さん親切!触ってみて面白い!安い!即決!

もちろん本格的なシンセサイザーや上位モデルのもの
(メーカーも)を意識して選ぶのは大切だと思います。
部活バンドとはいえLIVEでCASIOのキーボードを
持って来る人は他にいなかったような・・・あまり
Key.自体いなかったのでもちろん部室にあるものを
使っていた人もいたと思います。自分はそれを使いこなせ
そうもないのでCASIOを運搬してました。CASIOいいよ!

使えるところを使いこなそう
スコアどおり弾いても合っているか分かりません。
そして何よりもKey.の人は「音色」を工夫しなければ
なりません。1曲をじっくり聴いてみて・・・あーー
この曲のここはシンセフレーズが目立ってるから
はずされへんなあ・・・近い音色あるかなーーピコピコ
いってる感じはこれが近いなーーそのままシーケンス
組めるような機種じゃないから(涙)右手雰囲気それっぽく
弾いといてスプリットして左手はパッド系でベースが支えて
くれるだろうけどその上をぼわーんと埋めないとなーー
・・・あっこのパッドにエレピをレイヤーしたら
もうちょっと鳴りやすくなって効果的やろなーー
(今大好きなねごとの「サタデーナイト」をコピーすると
したら自分ならどうするかという妄想)

Key.の人は他のパートのことも考えて「できる最大限の
効果をねらえる手間が最小限になるやり方」を模索する
必要があります。ここはギターがおいしいなら音源や
スコアになくても(ギターの力量による)うすくパッドを
鳴らしておいてあげると安定しますし、ベースと一緒に
シンセベース+スプリットして和音じゃじゃん!で迫力が
出たりします。音源やスコアになくてもじゃまにさえ
ならなければ(相当シンプルなバンドサウンドでない限り)
「なんかプロっぽい」に近づけるかもしれません。
そして常にハモりやコーラスワークにも気を遣いましょう。
やること多いです。

他の人といろいろ考えよう
ギターの人とは常に相談しましょう。ばりばり弾けるよ!
という人は問題ないのでソロでもなんでも目立つところは
任せて(Vo.がGt.を兼ねないなら)ソロのバッキングは
きちんと埋めましょう。音源がギターじゃかじゃかでも
音色を無理にギターにして頑張る必要はありません。
コード感は壊さないように(そしてあくまでソロが主役)
SawやSquareほどどぎつくない「シンセっぽい音」で
歯切れよくじゃーじゃっ!と流すとよくなじみます。
曲によっては減衰系の音色でアルペジオもよいし・・
原曲の雰囲気を活かしたバッキングならソロも映えるはず。
音を作れる人はもちろん工夫してみましょう。プリセットでも
使える音はたくさんあります。うまいこと手抜きして
「それっぽく」曲を形にすることが大切です。

ちょっとこの曲ギター鬼?(ジュディマリ「クラシック」)
・・・とメンバーが思っていたのかは分かりませんが、
この曲では私が自己中を発動して(笑)ギターソロを
キーボードソロにしてもらいました。間奏のところで
TAKUYAさんが超キメています。たぶん鬼です。じゃあ
ギターバッキング頼むわ!よしクラシックやからバイオリン
っぽい音にしゅわっとした音レイヤーして適当に弾くぞ
ひゃっはーー(他のメンバーがどう思っていたのか不明)
もちろんサビのハモりやう~~♪みたいなのも歌う!
やはり相当迷惑な人だったと思います。楽しかったけど・・・
この実話のように強引なやり方はしないで、でもお互いに
「どうすれば効率よく今のスキルと楽器でうまいこと
コピーできるかな?」とあれこれアイディアを出すのは
上達には欠かせないことだと思います。

今大人気のSHISHAMOですが「明日も」を聴いていて
これめっちゃKey.必要やん!と思いました。ブラス(&Sax)
がすごく印象的に鳴っているからです。もちろんスコアには
書いてあるのでしょうが、その音色や鳴らし方(ブラス特有の
歯切れの良い「合いの手」感を出す演奏)には気を遣います。
Aメロ(1番はお休み2番はブラス鳴りまくり)Bメロでは
空いた手でクラップをお客さんにもお願いしたいところ。
サビは回数を重ねるごとにゴージャスになるセクションを
うまく再現して・・・って間奏鬼やん!!!!まあよく聴いて
それっぽく弾けたらOKです。部活バンドなら吹奏楽部の人に
頼んで入ってもらった方がリアルでしょうけど(涙)
じっくりこの曲を聴いてみるといや~~ゴージャス!!
もちろんあくまでスリーピースの骨太サウンドの上にパゥ!
ぱぱっぱっぱーなのですが、それを担うのがKey.の人。プロの
緻密なアレンジをできるだけ「うまいこと」ごまかして
「それっぽく」する詐欺師的な(?)役割をあれやこれや
知恵をしぼって使いこなして果たして欲しいと思います。

元部活バンド下手Key.おばさんが謎目線で語りましたが、
ここまで読んでくださった方がいるならめちゃうれしいです!
ハイレベルKey.さんには「ちょっとどうよ」な箇所もあった
かも知れませんが、バンド下手Key.の人には
「とにかくごまかせ!!!!それがKey.の役割!!!!」
と申し上げて終わりにしたいと思います。
バンドは仲良く楽しもう☆☆(自己中の反省と懺悔をこめて)