amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

気分は早く - 実例紹介13「リップメイクフェティシズム」

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
今回はトレンドと気分をできるだけ早くのせた曲の話です。
街と雑誌は曲のアイディアにあふれています。

自分はおしゃれじゃなくても
もともと雑誌を見るのが好きで、街に出たら(この言い方が
非常におしゃれじゃない)おしゃれな人をちらっと見ます。
今はSNSでおしゃれが発信されているけれどリアルもよい。
自分も歩くことが重要です。

この曲をアップロードしたのが2016年10月なので
今はまたトレンドが変わってきています。定番化したとも言える
リップにポイントを置いたメイクは(おばさんとしては)
時代が変わったんやなあ・・・と興味深いものでした。
1990年代中期アムラーメイク
1990年代後期のサイバーなアイメイクと雑貨店風無国籍メイク
2000年代初めのayu盛り(これもアイメイク重視)
2005年以降エビちゃん風・・・
2010年代初めナチュラルゆるふわ??
2010年代中期以降とにかく赤リップが目立つ
だんだん口紅が復権してきたというのははっきり気づきます。
あまり色をのせずチューブ型のグロスを愛用していたからです。
トレンドに合わせてアイテムは淘汰されるのでお気に入りの
グロスがなくなってしまったのじゃ・・・(涙)

閑話休題。とにかく久しぶりにメイクトレンドに衝撃を受けて、
街でも雑誌でも職場でもだんだん赤とかピンクとかくちびるが
浮かんで見えてくる。メイクは世相を映すというか、もちろん
流行は「仕掛け人」がまずいるけどそれがどのくらい成功するかは
やはりレディたちの気分次第なわけで。ずっと目を盛ってたのに
飽きちゃった。くちびるはコンシーラーで色を消してたくらい
なのにそこを強調していく、リップ重視でいくという変化を
「いいね!」と思ったのが「今」の気分なんだなあ。

気分は早く
じゃあその気分は早く曲にしてみたい!自分はトレンドに
乗れていなくてもモデル気分で(イガリメイクの絵梨佳さん)
詞を作ろう!そう思って雑誌のコピーを考えるようなやり方で
ことばを並べていきました。まるっきり「自分100%」では
ないのは自分にしてはめずらしいけれどやりやすかった。

しかし2018年1月になると「イガリメイクの絵梨佳さん」も
だんだん違うイメージを持ち始めています・・・もうそれは
トレンドではなくて定番の1つというか。イガリさんもアップ
デートしているし。モデルもメイクアップアーティストも
それを参考にするおしゃれ女子たちも楽しみながら変化する。

音に関して
楽しく作詞できたので楽しくてHappyでおしゃれな・・・
自分にできる精一杯のおしゃれな曲を・・・
サビでなぜか「されどリップメイクフェティシズム」と
言ってしまったので(何が「されど」やねん?)と思いながら
文法的に「たかが」が前に来ないとおかしい。あれ・・・
「たかが」→「T A K A G A」よくある手です。

Aメロは詞先でないと自分は出てこない動きです。
カタカナ名詞の羅列をメロ先で後からのせる方が(私は)難しい。
ぶわ~っとおしゃれ(自称)ワードを並べて歌えば何とかなる。
ことばにフィットするメロディを作りやすいのは詞先のメリット
かもしれません。歌えば何とかなりますから。
駄文が長くなりました。よければ(自称)おしゃれ曲をお聴き
くださいませ。1分59秒の雑誌見開き気分でどうぞ。

www.youtube.com「リップメイクフェティシズム」/amrskJPN

T A K A G A LIP MAKE!

されどリップメイクフェティシズム
されどリップメイクフェティシズム

オフィスデートパーティショッピング
アイテムカラーテクスチャーテクニック
ベージュオレンジピンクローズレッド
マットリップグロスリキッドルージュ

肌と髪と目の色と形を知っておく
ワードローブから今日を取り出して
ふさわしい顔に仕上げる
ふさわしい顔に仕上げる

T A K A G A LIP MAKE!

オフィスで浮かないピンクベージュ
デートはおためし色はいろいろ
ポップなオレンジはじけるパーティ
街を歩くのはエレガントローズ

されどリップメイクフェティシズム
されどリップメイクフェティシズム