amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

心が動くと曲はできる - 実例紹介28「音メモ20171221」

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
先日(12月21日)京都で久しぶりにLIVEを観てきました。
素敵でアツいMCのことばがピカッと光ったのです。
5ヶ月ほど自作曲ができなかったのが嘘みたいに
曲(音メモ)になりました。心が動くと曲はできるんだなあ。
言い訳になりますがあまり凝りたくなくて、ピカッとした
瞬間をぱっと音メモにしたかったのでとてもラフです。
(作詞3分作曲10分制作時間3時間+後日調整2時間)

積み得かけらストック
前回まともな(?)自作曲をアップロードしたのが7月下旬
ですから実に5ヶ月・・・今回は相当ラフで正直微妙な出来
なので(BUT心の勢いはスゴイ)まあ曲作りって自分の
状態に左右されるなあとつくづく思います。
それまでもちょこちょこ「かけらストック」を作っていた
けれど私は「純粋な音の感覚」だけではかけらさえ作れない
ので(涙)「電車っぽい曲」だとか「木枯らしっぽい曲」
とか・・・そういうかけらばかり積んでいました。

冬の曲作りたいなあ(できれば寂しくないもの)と思って
Abのキラキラした音にCutoffを下げたローファイなドラムを
合わせた(よくある感じの)かけらを作っておいたのです。
こちらがそのmp3です[Sampleキラキラ冬](13秒)

しかし具体的なことばがないと形になりませんでした。
あくまでことば(Vocal)ありきなので「冬っぽい」では
「どういう冬なのか」「なぜこの音を鳴らすのか」がまったく
明確になりません。想像の冬を描くことは私にはできないし・・・

予期しないものが形になる
もともと12月のLIVEは予定を組んでいて(平日はありがたい)
ここのところあらゆる調子がよくないから1年の終わりに
笑顔になりたいなあと思っていたのです。
それで自分の行ける範囲に素敵なバンドが来てくれる。
私にとって10年ぶりの京都っていうのもなんだか不思議。
「いい年になるよ!君たちがそう望むならね!」
彼らしい(?)MCがいつもどおり華やかな空気の中放たれて
そのときは盛り上がりに流れていくけれどもふっと残る。
香水のラストノートのように思い出されてことばをメモしました。

それからまた日常に戻るけれどメモ(ことば)はもうある。
そうだこの前作ったかけらストックに「キラキラ冬」がある!
あの日はまさに「キラキラ冬」ですやん作詞できたああ!!
(日記です)2小節の「キラキラ冬」をリピートして詞を
ぶつぶつ声に出したら作曲できたああ!!
ストックを合わせてちょっとR側に909系打ち込みドラムを
足して途中からオルガンでベース&センターにキックを足す。
序盤はキラキラ感を出したくてベースレスにしたら
自分のVocalの低さが超気持ち悪い・・・けどもうOK!!!!
これは音メモの方がよい(凝ると心の勢いがなくなる)

年末はよいことばに出会いやすいのかも知れません。
おそらく曲の最後に「あーああああー」を入れたのは
少しのあきらめを表現したかったからだと思います。
あーああああー・・・
1分20秒の音メモなのでよければお聴きくださいm(__)m

www.youtube.com「音メモ20171221」/amrskJPN

10年ぶり12月の空気
変わったもの変わらないもの
京都の冬は意外と寒くなかった
四条新町の慣れた街並も
素通りしていたライブハウスも
何も知らなかった

「よい年になるよ!」
「あなた(君たち)がそう望むならね!」