amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

2017年の1曲

サタデーナイト/ねごと
(SOAKの「K」が入らなかったダメすぎる絵)

20171216

ねごとのNew Album「SOAK」(2017/12/13)の4曲目。
まさかこの12月に入ってからのアルバム曲がこんなに
私に光をもたらすというか・・・きれいな水がしみこむような
感じ・・・もうなんか「うわああああ」って目を閉じる。
SOAK=他動詞だと「浸す」「つける」ってぴったり。
Central67による美しい色のアートワークもばっちり。

Ki/oon MusicCentral67だよ間違いないです。
今まで知っていたのになんだか遠くて前作からどっぷり。
そうは言っても配信や最新情報を追いかけるほどではなくて
CD購入までシングルをふわっと耳にしていただけ。
・・・12月のキラ星(ふたご座流星群は13日夜がベストでした)
これも宇宙から流れてきたんじゃないかと思うくらい。

03 WORLDEND 04 サタデーナイト 05 Fall Down
11曲あるうちこの3曲の流れが特にキラ星☆☆☆☆
03 WORLDENDのテンポ感がすごくタイトで格好良い。
「わ~るどえんっどーにはっちーあーわーせてーも♪」
サビのメロディがものすごい。ものすごい。
ボーカルの人のソングライティング能力は底なしかつ
よい感じでメンバー(&プロデューサー)ともっとよく
高めることができる柔軟さがあるんだろうと思う=最強。

04 サタデーナイトはしみこむ。「へっどらーいと」を
こんなに印象的に広げる声があるだろうか。
「さたで↑い~ない」の「で↑い」の上がり方がしみる。
中野さんと組んだときは中野色がプラスされるけれど
負けてねえぜ。全員負けてねえぜ。遠いギターが輝いてる。
あとクラップがすごくよいのです。有機的な手の音が効果的。
Female Vocalのきれいなコーラスって越えてくるよね。
何かを越えて4色が耳にふわああああってSOAK。

ふっとした間があって05 Fall Downがハマる(笑)
突然アーバンな街並だぜっていう。宇宙から急に東京です。
ドラムが格好良すぎ。シンセのキラキラ音がアーバン。

あと07 undoneのギターが超しびれる格好良さ。
ねごとのギターはきっちりと過不足のない音を適切な
タイミングで響かせる“めっちゃおしゃれさん”って感じ。
「センス抜群の引き算メイク」っていうか。さりげない
アイラインを効かせた抜かりのないメイクで戦ってる。
この曲はドラムもSUGEEEEっていう。
プログラムされたみたいな狂気を寸分狂わず手足で鳴らす。
(これ打ち込みじゃないよね・・・)
詞はベースの人ってのがまた強い。グミみたい。
ゼリービーンズみたいにひとつぶひとつぶ色が違う。

「1曲」というか「1枚」(アルバム全部)ですね。
びっくりした。12月がキラキラしてる。☆☆☆☆っていう。
前作ETERNALBEATも今年2月だしねごとは大丈夫か!?
っていうかもっとテレビ出ませんの!?
硬いライト(白)に照らされてMステに出てるところを
妄想しているのですがまだ出ていらっしゃらないよね?
もっともっともっと売れまくって欲しいです。


11月までPRINCE/I Don't Like Mondays.の音ミストを
浴びまくってたのです。いや今も浴びてます。そこに光も
加わってきてセレブ気分の12月です。
6月のE.P.「SUMMER」とRelease Partyは前半のハイライト。
おひとりさま参加は変わらないけれど(涙)・・・
それでも帰りの電車でふと映る顔がけっこう生き返ってる。
(正直やっぱり男前って生き返りますよ)
夏の夜のスカイビルとか大阪駅とか・・・1人がすごく鮮明に
思い出されるけれどそれもなかったらもっと辛いだろう。

今年はものすごく贅沢な1年じゃないか!?
まだ12月21日のLIVEでIDLMs.で踊れるって幸せです。
LAMP IN TERRENのグルーヴも期待してます)
今度は冬の京都の寒さが強烈に刺さるんだろうなあ(涙)
PRINCEは演奏してくれるかな・・・あんな甘いメロディを
堂々と出してこれるってすごいんよね。
思いついたとしても誰でも鳴らせるわけではない。
改めて聴いてると「まとまり」がすごいわ。
この曲に関しては「各人の主張」が必要ない=いかにボーカル
およびそのメロディを香りづけるかってことをさらっと
やっているというか。全員が恐ろしく客観的でないと不可能。
「抑える」って難しいからなあ・・・余計な音がない。
(かなり打ち込みの曲ですがLIVEでもね)

そこにAngelだからね。商品開発です。
パッケージがすごい。企画力がすごい。迷わないで欲しい。
今って甘さを出す人いないから・・・堂々とした甘さって
私個人としてはずっとびっくりしてるんだよね。
「こりゃすげえな」って。他にいない。
業界ウケというか同性(男)ウケというか・・・そういう
まあバイアス(?)かかっているのかしらね。
IDLMs.いいよな!っていう男の人がもっといてもいい。
ありゃ格好良いよ。


ここまでお読みいただき本当にありがとうございます。
2017年心に光った曲はありましたか?
私はこの面においてはとても幸せな1年だったと言えます。
「この面」だけでも「ある」ってすごいことなのです。
しみじみ振り返ってそうやなあと思います。