amrskJPNのメモ帳

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

実例紹介10「Lantana」

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
今回は初の写真動画(?)となった「Lantana」という曲
について書きたいと思います。

www.youtube.com「Lantana」/amrskJPN

Life is like lantana
Life is like lantana
Life is like lantana

6月の雨のち晴れのち曇り
ときどき心変わり虹の彩り
ひとしずく染まるつぎつぎ変わる
気づけば日も落ちる時は回る

変わる変わらない心から回り
色はうつりにけりないたづらに
変わる変わらない体から回り
わが身世にふるながめせしまに

Life is like lantana
Life is like lantana
Life is like lantana


写真を撮ると曲につながる
ランタナ」という花は5月から10月くらいまで咲く
(なんかずっと咲いているなあ)というカジュアルな
植物です。夏の暑いときでも鮮やかなピンクやイエロー
を絶やさずくるくる咲いているのはとてもタフです。

そんな中6月のベストショット!
庭に咲くランタナを撮影しました。写真やカメラに詳しい
人ではないので本当にただのデジカメスナップです。
そして特に曲を作ろうとは考えていなかったのですが・・・
写真を眺めているうちに(正確には写真を撮るために
ランタナを見ているうちに)“ランタナをテーマにしよう”
と思い立ってしまいました。

植物はそのまま詞になる
ランタナはその特徴だけで詞になる植物です。
というかあらゆる植物がおそらくそのままを描写しても詞に
なりうるでしょう。ランタナの場合はその「色が変わる」と
いう性質がとてもドラマチックです!
実際に見ていても日が経つといつの間にか(うちの場合)
中心のイエローがどんどんピンクになっていった(下の方の花)
ので変わった花だなあと思います。

そのようなくるくるしたイメージをどんどん言語化して
詞にしました。この曲はめずらしく出だしから作っています。
思い浮かばなかったので「6月の~」とまたそのままスタート
しています(あまりこのパターンは使えない・・・)
色の変化がまるで虹のしずく(って何?)が落ちて染まった
みたいだなあと妄想してことばを並べていきました。

百人一首ついに登場!!
小学生の頃好きで親しんでいた百人一首(和歌)がついに
詞に登場しました!恐れ多くも小野小町さまの一首を拝借
しています・・・

花の色はうつりにけりないたづらに
わが身世にふるながめせしまに     

元の意味は桜の色あせる様子と自身の美しさが失われていく
ことを掛けて物思いに耽っている・・・みたいな感じ。
(絶世の美女とされる小野小町にしか作れませんね)
まああまり意味はとらずに「変わる変わらない~」のサビを
(これ自体も意味より音をとりました)作ったときに
間に何か入れたいなあ・・・そうだ小野小町のアレ!
というノリでくっつけました。

コード進行および転調の知識(の欠如)
・・・が本当に不足しているなあと思います。
歌いだしはめずらしくKey=Cで「レーレドレー・・・」
お!まったく使わない(好きじゃない)Dm7!?おや!?
これはえっと(検索)「ツーファイブ」とかいうやつを
使うのか!?いやでもG7嫌いなのでGで・・・
サビからはKey=Ebにしようというのは見えていたので、
サビ前にじゃんじゃんじゃんじゃん(C Bb Eb G/D)
を入れてからAbM7・・・でいつもどおりになりました。

いろいろとスムーズではないというか・・・
イントロがDm7 G終わりなのに直後のAメロもDm7って(笑)
エンディングも終わり方が雑!いつもドラムでごまかす癖が
あって(リズムで流す流す)・・・便利便利。
自分としてはたくさんコードを使ったしんどい曲でした。
(Csus4も最後に使ってるよめずらしい!しんどい!)
いつもⅠとⅣしか使わないので(驚愕の1パターン)・・・
おそらくふつうに作曲をなさる方からすれば爆笑レベル
なのだと思いますが、ⅠとⅣが好きなのでよいのです(涙)

写真に詞にコードに・・・いろいろてんこもり(自分比)に
なったこの曲はなかなか「しんどい」曲でした。
でもランタナの「くるくる感」が表現できたかなあと
思うのでこのしんどさ(このレベルでしんどい・・・)も
よいものであったと感じています。

以上で実例紹介10「Lantana」を終わります。
ここまでお読みいただきありがとうございます。

広告を非表示にする