読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amrskJPNのメモ帳

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

カバーとコラボレーション

YouTubeを眺めているといろいろな人がコラボレーションを
しているのを目にします。詞・曲・アレンジ・Vocal・・・
自由なやりとりから生まれる作品は本当に素敵です。

なんと先日私の曲「KAMOGAWA」をInstrumentalカバーして
くださった方がいてとても驚きました!
いつも素晴らしい作品を制作していらっしゃるのでファン心理で
いたところを突然のサプライズです。

カバーはとんでもなく労力が必要だと思うのです。
私は「曲を覚える」ことがとても苦手でカラオケはいつも
うろ覚え・・・細かいメロディの違いを覚えきれないままです。
プロの曲ならまだしも私の曲を把握してブラッシュアップ
させてくださったのは本当にすごいことだなあと思います。

よいコラボレーションも聴きました。詞とVocalとアレンジを
お一方で、曲を別の方という分業です。詞が先にあったそうで、
それに別の方が曲をつけてそのメロディを覚えてアレンジを行い
Vocalを録る・・・というのはとても難易度の高いことです。
「他の人が作ったメロディを覚える」コラボレーションを
したことがないので(緊張というか上手くできなさそう)
これは勉強のためにどなたかに依頼してみたいなあ・・・なんて
思ったりしています。でもやはり相当緊張しそうです!

学生時代私がいさせてもらった女子バンドでオリジナルを
作っていました。すべて私が作ってデモCDと楽譜(簡易的なもの)
をメンバーに配っていましたが、あんなめちゃくちゃな楽譜と
デモでよく皆かたちにしてくれたなあと今さら驚いています。
ドラムは適当(あとは好きに叩いてね)ギターはコードネームのみ。
ベースは少しこだわりがあったので楽譜にしていましたが・・・
楽器の原理もよく知らず鍵盤の頭で作ったベースパートをよく弾いて
くれたなあ・・・Vocalはあまりできのよくない詞を「顔」として
引き受けてくれて・・・私は下手Key&Choで引っ込んでました。

バンドでもDTMでも「誰かと一緒に作品を作る」ことはとても
難しいことであり、それゆえ大きな経験(1人で完結しているとき
とは違う手応え)となるのだと思います。
今回は「自分の曲が他の人によってリアレンジされる」ことに
よってそりゃもうレベルの違いであるとか(オリジナルのしょぼさ!)
異なる感覚(その人のカラー)の上に同じメロディがのる不思議さ
を感じることができたなあと思っています。