読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amrskJPNのメモ帳

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

YouTubeを眺めて[冷静から自由である]

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
今回はYouTubeを眺めて「よいなあ!」と思った曲(人)について
書くという迷惑極まりない(?)ことを行いたいと思います。

めずらしいMaleVocalのあり方
自作曲(歌もの)の非ギターロック系の男の人が気になって仕方ない。
いや別に何をどうするとかそういうわけではないのですが(笑)
自分の動画にたまたま関連動画として表示されていて、
れいなグラフィックについ開いてみたら声が入っていて驚いた。
EDM系で少しパッションを込めてうれいのあるメロディを
声で描いていく感じの人はめずらしい。
男の人は自分Vocalで非ギターロック系自体がとても少ないため印象的・・・
ものすごいテク打ち込み系の人はVOCALOIDさま系かEDMインストが
ほとんどなので・・・これは・・・ずるい。

ありがちな「冷静」から自由である
ギターロック系の人はけっこうパッションを込めて声を通す人も
いるけれど、くりかえしますがEDM打ち込み系で自分Vocalの(おそらく
大先輩ではないであろう)男の人って本当にめずらしいです。
(声から察するに・・・大先輩にはさまざまな歌ものを制作なさっている方
もいらっしゃるので)しかも声も音もありがちな「冷静」にふるまうことなく
ちゃんと色と温度と少しのパッションを伝えている・・・ああずるい!
まったく更新されていないようなので残念ですが・・・
チャンネル登録はばっちり(笑)

ここで「ありがちな『冷静』から自由である」というサブタイトルを
つけましたが・・・まさにこれが私の心がゆれるポイントなのです。
「いや『ありがちな』って何やねん」とまたディスった物言いに
自分でも嫌気がさしますが――そう表現せざるを得ない。
眺めるとどこか「冷たい」曲(人)が多い気がするのです。
音への好奇心はきっとあるんだろうなあ、理論や技術を駆使して面白い
曲を純粋に追い求めているんだろうなあ――おっ転調がすごいとか
コード進行がどうなってるんだこの曲!?とか――でも何かが冷たい。
そもそもメロディがずっこーーーー・・・いやメロディだけが音じゃない。
好みの問題なのでたくさんある(ように見える)ということはきっと
その傾向こそが「多くの人の心を動かしている」のだと思います。

そんな中(どのように意図しているのかは知る由もありませんが)
私は個人的に色と温度とパッション(人の声が入ると増幅されます)
を感じられる曲(人)を見つけられてうれしいなあ!という――
それでこれだけの長文を書いて――書いています。

まとまらない考えをまとめない
女の人で自分のVocalを入れる人は鍵盤弾き語りが多いのだろうか。
(1人の場合)男の人はギター弾き語り&DTMかなあ。
打ち込みテクとかはきっともっとすごい人がいるのかもしれない。
凝ったコード進行でプロレベルのCoolEDMインストを制作している人も
きっといると思う。VOCALOIDでたくさんの人の心を動かす人も。
でも彼(勝手に褒めている)は声(ゆらゆらとのばしている)がずるい。
やっぱり私はVocal入りの曲を聴くのが好きだけれど、これはずるいなあ。
客観的にどうこうとかじゃない(いや十分お上手です打ち込みも処理も)
しかも詞は表示されていないし何を言っているのか分からない。
でも何か心がゆらゆらと「世界」にひきこまれるというか――ああよい曲
作ってよい声(いやこれも個人的に!)を鳴らすなあこの人――

うけーーーー私はただでさえどうしようもない下手DTMerなのに
打ち込みテクやミックステクはまだ改善の可能性があるけれど「声」は・・・
そんなにどうしようもできませんがな。
パッションが似合う声ってあるんですなあ。
ほら鬼束ちひろ系とかFemaleSSWならまあアマチュアでも上手な人は
いますやん。そのMaleVer.(しかもEDM打ち込み系)は本当にずるい!

今回はとても気味の悪いファンレター(?)となりました。
関連動画に表示された偶然がつなぐ刺激!やっぱりサムネイルって
大切なんだなあ(自分はいつも色画面一色・・・)と思います。
それにしても文がとてもキモチワルイです。パッションで書いている。
ここまでお読みいただきありがとうございます。