読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amrskJPNのメモ帳

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

文と詞とパーソナリティ

YouTube

ことばから受ける「好き嫌い」
少し作詞作曲からは遠回りになりますが思ったことがあります。
YouTubeでの説明文やコメントの文、そしてブログやTwitterなど
何らかの形で発信された文を読んでいると・・・何となくその人の
パーソナリティのようなものが浮かび上がってくる気がします。
それは正直に言って「好き嫌い」という曲を聴いてもらう(&文を
読んでもらう)上では重要な要素につながっていきます。

「ああなんかこういう文は好きになれない」
「こういうコメントをするんだなあ・・・」
「いつもつらつら簡潔でなくてうっとうしい(私のことです)」
「何か変に他を意識した妙に攻撃的な書き方をするなあ」
etc・・・

結局おおまかに言えば2つなのでしょう。
自信あり系」と「なし系」。どちらも否定されるものではありません。
各々が好きな方へ自然と流れていくものです。
文は創作でない限りより色濃くパーソナリティを反映しています。
それに対して詞は「作る」というフィルターがかかるため距離をとる人も
います。これも「好み」が分かれるところでしょう。

「好き嫌い」を述べる自由が「好き嫌い」を生む
私個人はあまり「創作」された詞が好きではありません。
自分で歌うからでしょう。もちろん自分で歌っている人もいつもいつも
実体験を元に詞を作っているわけではありません(私もです)。
それでも・・・あまりにも読んでいて想像ができない詞世界(ことば遊び
とはっきり見えているものは音を楽しむのでかまわないのです)
――そして根拠が見えない心情描写(カワイイ女ノ子ガ謎レベルデ「キミ」
ヲ好キニナッテイルヨウナ)には少しの不安を覚えます。
ちょっとでも誰かのことを好きになったことあるのかな――
自分が「かわいい女の子」ではなかったからでしょうか。状況描写は異世界
であっても心情のエッセンス――そこにリアリティを込めないと――
なんだか「置いてけぼり」になった気がします。

どのベクトルにもひねった詞はあふれています。ひねった曲もあふれています。
反面ぞっとするほどストレートでポジティブさが怖い詞も曲もあふれています。

世を映しているしパーソナリティの総体が世界になる。
文・詞・曲を表す人はみな自意識にあふれていることは間違いなさそうです。
そのような中で今回は「音」以外の要素について考えてみました。
うーーーーんこういう方向性で思うことを書くと何を書いても「何言ってんだ
こいつつらつらえらそーーーーに」と自分でツッコミを入れてしまいます。
結局私も「何か変に他を意識した妙に攻撃的な書き方をするなあ」の1人と
いうことです。

個人的な好き嫌いを述べることの意味を考えなければならない。
その表現方法はきわめて慎重でなければならない――あっ!でもこのブログは
大丈夫です。読む人が――――
多くの人に読まれているであろうブログはおそらく自信「あり系」にせよ
「なし系」にせよあくまで有用なこと/あるいはものすごくパーソナルな生活の
ことを「読み手が不快にならないことばづかい」で簡潔に書いています。
その上で各々が思うことをしっかりと織り交ぜている――「好き」を集められる
人ってよいなあ。

「スルー」と「嫌い」を集めやすいパーソナリティにはそのコントロール
能力およびもともとのパーソナリティの悲しいくらいの「違い」を感じます。
しかしながらこれも1つのあり方というか、それで私の場合は曲にコメントを
くださる人もいるわけですから――ほどほどに自己愛を修正していけたら
よいと思います。やっぱり読後感がよくないのは歪みのせいでしょう。
いや一体誰が歪んでいるのだろう?これを書いた私であろうか?誰もが
そんなにまっとうにまっすぐであるのか――疑問は尽きません。
ここまでお読みいただきありがとうございます。