読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amrskJPNのメモ帳

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

『作曲少女』を読んで

f:id:amrskJPN:20170106152552j:plain

作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~』という
作曲に関する初心者向けの本を読みました。表紙からして未知の世界!
普段小説もライトノベルも漫画も読まない(読めない)ので強烈です。
タイトルの「少女」(主人公の2人は高校生の女の子です)であるとか
・・・近寄らないエリアというか「これがきっと今どきなんだろうなあ」
という思いでけっこう頑張って読みました。おばさんには眩しい。

何でもとりあえず作曲に関する本は読むようにしていますが、
これまでの本さえ頭に入っていない気がします(高度な理論書は読まず)
なんとなーーくふわーーっと読んでスケールとかディグリーとか・・・
エレクトーン時代にやってたと思うけどもう忘れたし当時子どもだし・・・
目がすべるので“ああこれをクリアに頭に入れておけば本当はもっと
効率よく曲を展開させられる(ワンパターンを回避できる)だろうなあ”
と分かってはいるのですが難しいものです。

もう「私は理論的なことは苦手な人(何が得意なのか?)」という
開き直りを心がけて・・・たくさん音楽を聴いて耳コピ(キーボードで
曲に合わせて演奏しながら歌う)をすることに主眼を置いています。
本を読みながら音楽を分析的に聴いて演奏して歌うことはできない
・・・時間は有限であるというのは厳しい。

さて『作曲少女』はどうかというと「とても面白い!」
あまり内容を書くことはできませんが今が“読みごろ”ではないでしょうか。
高校生の女の子たちの冬休みがストーリーになっているからです。
私がいちばんグッときたのは以下の文です。

「この制作机を“お前の好きなもので埋め尽くす”んだ。」
(作曲を始める前にキーボードなどを置く机や壁をデコレーションする)

もうこの部分だけで「これは素晴らしい!」と思いました。
あまり作曲の具体的な記述は覚えていません(理解力なし)がこれはよい。
主人公のいろはちゃんは手芸が好きな女の子らしい人なので、
ぬいぐるみ・キャラクターグッズ・好きなCD・かわいいアクセサリー・・・
もう一人の天才女子高生作曲家・珠美ちゃんは画集・キツネのぬいぐるみ
アニメやゲームのグッズ・飛行機の模型・恐竜のフィギュア・・・
これだけでも2人の(いろはちゃんは「これからの人」ですが)色の違いが
出て個性につながっていくということが分かります。

この内容には本当にグッときました。PCやキーボードに向かって作業や
演奏をするとき、それだけが視界に入っているわけではありませんから。

普段からわりと部屋にはごちゃごちゃと飾っていてそれが目によい。
(「何もないのが好き」という人はそれでよいと思います)
アイディアが浮かばないときであるとか――ああこのキーホルダー
形も素材もキラキラ感もはみ出てない!このオブジェ100円とは思えない
ぴったり感!今年のカレンダー写真がよいの見つけられてよかった!
――などと気を取り戻すのに大いに有効なのです。

この本に触発されてさらに部屋をごちゃごちゃさせようとパネルを
制作しました。IDLMs.のフライヤーなどを使用して仕上げています。
ふと眺めるたびに「うーーーーんよい感じ(素材は最高ですから)!」
この「よい感じ!」という気のあり方は作詞作曲に影響を与えます。
モチベーションを高める方法としてこの本はとてもよいことを
ストーリーの中で分かりやすく書いていると思います。
(もちろん具体的な作曲の手法も役に立つことでしょう)

偶然この本を知って興味をもったのがちょうど年末。
まるでシンクロするかのように「高校生の女の子の冬休み」を
追体験することができました(私もいちおう「作曲少女」だったはず・・・)
作曲おばさんはこれからも細々と頑張ります。
よい本を読みました。

広告を非表示にする