読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amrskJPNのメモ帳

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

作詞のやり方

作詞作曲のヒント

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
今回は私の作詞のやり方について書いていきます。
特に何か参考になるわけではありませんが、「自分はこうしている」
という各自のスタンスを強固にする一助となればよいと思います。

メモ帳でことばを残しておく
私は何か思うところがあった日にPCの「メモ帳」でことばを
残すようにしています。紙ではないところがよいのです。
ファイル名も「20161221」とシンプルに日付で管理しています。
そこにはネガティブなことを書いてもよいし、うっすら浮かんだ考え
でもよいし、自分のことばでなくても何かで読んだりして「!」と
思ったことをCopy&Pasteしておいたりもしています。

あまり毎日やるとしんどいので本当に心に何かひっかかった日
(よい意味でもあまりよくない意味でも)のみ行っています。
そうしてテキストファイルがたまっていくと読み返したときに
大きな「!!!」があったりして――それが「詞」になります。

自分型フレーズリフレイン式
おおまかに作詞の「型」はストーリー型自分型ことば遊び型
3つに分けられるように思います。
ストーリー型は作詞者とは関係なく世界を紡ぐやり方で、自分型は
できるだけ自分のこと(エピソードもしくは考え)を詞にします。
ことば遊び型は音をメインにとっていくやり方です。

作詞の「式」はワードツリー式フレーズリフレイン式の2つです。
ワードツリーは「○○」「××」で「△△」・・・多くのことばを
必要とする形式で、リフレインはそのとおり「□□」「□□」「□□」
とくり返します(※素人思いつきの分け方とラベリングです)

そのうち私は「自分型フレーズリフレイン式」となります。
おそらく(自分のことを詞にするのが嫌でなければ)もっとも
やりやすい方法であると思います。シンガーソングライター的なので
今の主流ではないかもしれません。私は小説が読めない(?)
(=「ストーリー」を頭に入れることが難しい)ためストーリー型の
作詞がとても苦手・・・なのでこの方法をとっています。

何を詞にするか何から詞にするか
たいてい「メモ帳」からふっと出たひとことをサビにします。
今ひっかかっているのは「何かよい(いい)ことないかなあ」という
何気ない職場の人のつぶやきです。なぜこのことばを発したのか?
そしてなぜ私はこれがひっかかっているのか?この年末の空気・・・
詞になるかなあ。こんな感じでメモ帳に残しておきます。

詞になるかは分かりませんが、そのまま「何かよいことないかなあ
・・・サビになりそうなとてもよいフレーズです。
(少なくとも私の心はひっかかっているキャッチーさがある)

「何かよいことないかなあ」
「何かよいことないかなあ」
「何かよいことないかなあ」

12時のことばが年末の18時をまわる
12時のことばが年末の18時をまわる

詞になりそうですね!よいことばをありがとうございます(涙)
時刻は詞のイメージと音を考えて少し調整しています(笑)
年内の完成は無理かもしれませんがこの「年末」ははずせませんね。
年末だからこそのつぶやきなのかもしれませんから・・・

文字数については私はあまり気にしません。
さらっと音読してみてきれいに流れたらそれでOKなのです。
メロディは後からつけるので詞の自由度は高くなります。


以上途中までは作詞のやり方に関してでしたが、そこからなぜか
本当に作詞(2フレーズ)をしてしまいました。ほぼ完成です。
それというのもちょうど「心にひっかかることば」があったから。
ふっと何かが光ったときに「メモ帳」に残しておくと、こうして
フレーズになってくれたりするから面白いものです。

以上で私の作詞のやり方のエントリを終わります。
ここまでお読みいただきありがとうございます。

広告を非表示にする