読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amrskJPNのメモ帳

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

作詞作曲のきっかけ

作詞作曲のヒント

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
今回は私の作詞作曲のきっかけ等に関して綴ります。

作詞作曲以前にやっていたこと
10代までにエレクトーンのレッスンで「伴奏をアレンジする」
「イントロを自分で考えて演奏する」ことはやってきていました。
特に習ったりするというよりは「○○ちゃん考えてきてね」「はい!」
(演奏は下手でしたが)・・・この曲のメインのコード進行を使って
えーっと・・・と簡単なイントロ作りを行っていたように思います。

詞(詩)に関しては国語の授業で読んだり作ったりする程度でした。
ただ百人一首がとても好きで解釈を児童向けにまとめた本をよく読んで
いました。(人・自然等あらゆるラブソングの宝庫と言えるでしょう)

L'Arc~en~Cielにあこがれて
そんな私がいわゆるJ-POPの曲作り(作詞作曲)をしてみよう!
と思ったのはL'Arc~en~Cielにあこがれたことがきっかけです。
それまでも小室小林等のプロデューサーがヒットさせた曲を耳にして
いましたが、ちょうど思春期的なエゴ表現欲求と彼らのヒットが
重なったためでしょう。「自分で作って歌う」「バンド」という
スタンスが格好良く思えたのだとふり返っています。

アウトプットの前にはもちろん大量のインプットがあります。
彼らの詞と曲に注目して・・・というより単純に「格好良いなあ」
と聴き込んでいました。「NEO UNIVERSE」がお気に入りでした。
さあ自分も作ってみよう!格好良いのでマネしてみよう!となぜか
思い立ち始めることにしたのです。(当時は曲先です)

始まりはHysteric Blueのマネから
メロディはいつもふんふん♪♪歌って伴奏およびリズムを
合わせていくやり方をしていたように思います。できあがったら
「ファードシbーラーソーファーミーソーソーファファー(F C Dm)」
などと音名とだいたいのリズムとコードをノートに書いていました。
おそらく「Cotton Candy(わたあめ)」という曲が最初のような
気がしますがあまり覚えていません・・・
(なぜかHysteric Blueの「春~spring~」をマネしたようです)

ピンク色のふわふわと☆☆☆がチカチカするイメージがあったので
(もともとKey of Fには夕焼けのような色合いを感じる)
「わたあめっぽいなあ」と思い映像をことばにしていきました。
Hysteric BlueのかわいらしくてPOPな空気もそのまま(笑)
そうして詞は「Cotton Candyのーうーずーのーなーかへー」・・・
今とは違いメロディからイメージを経て詞を探すやり方です。
テンポのよいPopRockの伴奏も何から何まで見よう見まねです。

「自作曲未満」という呼び方
今でもそうなのですが私の自作曲は(今はエレクトーンを使用して
いませんが)「エレクトーン歌もの」という呼び方をするのがとても
しっくりくるように思います。「オリジナル曲」「自作曲」と呼ぶ
ことすら少しためらわれるというか・・・いや「エレクトーン」にも
「歌もの」にも失礼でしょうね。何とも「未満」なものを作っている
なあ・・・と詞先の今も強く思います。

以上が私の作詞作曲のきっかけとそれに付随するエピソードです。
ここまでお読みいただきありがとうございます。

広告を非表示にする