amrskJPNのメモ帳

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

amrskJPNについて[音楽経験]

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
この名前はブルーとパープルが好き+日本人という
特にひねりのない記号としてつけています。

そもそも何故私は趣味として曲を制作しているのか?
これまでを少しふり返って記述したいと思います。
どのようなバックグラウンドの人がどのような音を紡ぐのか
・・・私はプロでもアマチュアの人の作品でも上記のことを
考えながら曲を聴くことがすごく好きです。

幼少よりエレクトーンを習い6年くらいでやめる
ある程度の音感とさまざまなポップス曲とコードの知識を得る。
習い事として小学生になるとピアノに移行する子が多いのですが、
「宇宙のマークの5番」(プリセットのシンセ音)とガチャガチャと
いろんなリズムが出るところが好きでエレクトーン組でした。
(演奏が下手すぎてやめました・・・)

ゲームの音楽や流行の小室サウンドを耳コピする
演奏自体はとても下手だったのですが、メロディだけなぞって
聴こえたコードを弾いたらエレクトーンはゴージャスにしてくれる
・・・という遊びを常にしていました。
さまざまなリズムのプリセットアレンジを覚えたと思います。

吹奏楽部に所属しトロンボーンを担当する
棚に置いてある本やCDをたくさん読んだり聴いたりする。
特にハーモニーについての知識と(中学生レベルの)経験を得る。
吹奏楽用に編曲されたジャズ/フュージョン/ロック/ポップス
/ラテン/映画音楽・・・とにかくたくさんの曲を知りました。
(DeepPurpleを全く知らないでそのメドレー曲を「超イケてる!」
と何度も聴いていました・・・ギターソロが今でもB.Saxの音色です)

L'Arc~en~Cielにあこがれて作詞作曲を始める(この頃は曲先)
軽音楽部にうっすらと所属しKey&Choを担当する
安物キーボードとエレクトーンとカセットとMDで遊びだす
PCとDTMの世界をぼんやりと知る(途中挫折!)
大学時代は街歩きとShoppingと音楽を“聴くこと”にシフトする

紆余曲折を経て今は「ほどほどに好きなことをしよう」と低空飛行を
していると自然と何か・・・「負け人の吐き出し」がことばとして
再びアウトプットされる。それが今の詞先での曲の制作につながって
いるのだと思います。

技術/機材/気分がEasyModeでDTM(DAW)をやり直している

[音楽経験]編は以上です。
こういうバックグラウンドだとこういう詞と曲になるのね
(こちらでは何も自作曲を紹介しておりませんが)
・・・自分でも少し整理されたような気がします。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
[音楽趣味]編に続きます。