amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

「私好みです」

「私好みです」ということば
YouTubeでいろんな人の曲を聴いてコメントを見ていると、
「いいですね。私好みです。」という文が目に入ることがあります。
なんとなく上級者っぽい響きで私自身は言われたことがありません
(これはこれで問題)が妙に違和感を覚えるのは何故でしょうか。

「いや誰かの好みのために曲作ってるわけじゃないだろう・・・」
「『好きなテイストです』というコメントでも微妙に思えるのに
『私好み』と言えてしまうのがすごい」・・・いろいろ浮かびますが
自分がそう言われてもうれしいのかなあ。同じようなレベルの人なら
うれしいだろうか。結局「誰が言うか」なのだろうか。

英語と日本語/ドライスマイルと無表情
「I Like it!Good Job:-)」など英語なら気兼ねなく言えそうです。
そして何故か「I Like it!」でも嫌味を感じない。日本語でも
「この曲いいですね!好きです!」ならOKだと思う。
・・・そう考えると言語およびそれを生むメンタリティが・・・
やはり日本(語)って「ナチュラルに褒めない(肯定しない)」
文化(褒めなれていない/うまくよい気分を共有する気質に欠ける)
なのではないかと思ってしまうのです。

私自身はコメントにおいて多少意味が変でも英語をよく使います。
日本語で書くと抽象的すぎて変な人っぽくなっても英語なら
言える気がする(そういうキャラクターと認知してもらえる)
「○○的な愛のループを感じます」も「I feel・・・loop of love」
みたいな文ならあまり変な人にならない。
(わざわざ英語のコメントを残すことの奇妙さは置いておきます)
曲の感想としては上記の内容を思ったわけです。愛がもつれて
ループしているような感じ・・・そう言いたくても日本語は難しい。

「いいですね」の一言も「Good Job!」も意味は同じなのに
なぜか前者は暗いというか「ありがとうございます(硬直)」
という反応しか見えない。後者はドライ(どうでもよい)かも
しれないのに「Thanks!」と表面上はよい気分を共有している。
後者の方が少しプラスくらいでしょうか・・・日本語の「いいですね」
ほど得体の知れないどうでもよさを感じる一言はないかもしれません。

あえての「私好みです」
「私好みです」も同じ。その表現にたどり着く表現者におどろく。
(個人的にそう思うだけです)「私好み」でないと「Good Job」とは
思わないのだろうか?確かに各々が好きな音のフィールド・・・それは
ジャンルというかテイストというか・・・ある程度はあるものだと
思う。しかし「好みか否か」とは別に「これはよいクリエイション」
であるとか「心がこもっている」であるとか・・・そういう感動も
あってよい・・・ああそれで差別化をはかる意味での「私好みです」が
ありますね。「この曲はとりわけ私のフィールドに近いです」的な。

・・・いやそれでも!じゃあ「この曲好きです」でよいじゃない!
個人的には「私好みです」という表現を用いることはありません。
不思議なことばだなあと思いながらYouTubeを眺めています。
別に英語がとりわけ「よい」とかそういうことではないのですが、
なんか日本人が発するぶんにはテンションが上がってよいなあという
程度に思っています。

広告を非表示にする

LINE MUSIC

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
IDLMs.の新曲がLINE MUSICで配信されるというので
しぶしぶ(?)アプリをダウンロードした(30日間無料らしい)
新曲はこの間のライブで生演奏を耳にしたのだけれど、
音源であらためて聴くとやっぱりすごくよいです。
PRINCE」・・・ミスト化粧水みたいな心うるおう曲です。

この手のストリーミングサービスは避けていたけれど、
「ちょっと気になるなあ」くらいの曲をフルで聴けるのは
本当にありがたい(CDを買うのによい判断材料になる)

個人的にずっと「ねごと」と「E-girlsの最近の曲」がとても
気になっていたのでフルでいろいろ聴けて最高です。
特にねごとの新しいアルバム「ETERNAL BEAT」はよい。
BOOM BOOM SATELLITESの中野さんが関わっているから
こりゃ好きなはずだ!これは買おうと思う。
蒼山さん(vo.)の声がすごくKi/oon声(なんやそれ)なんだよね。
かわいらしさとNewWave感を兼ね備えていてロック。

このバンドは「カロン」のころ猛プッシュされていたから
もっと売れるだろうと思っていたので今の立ち位置は意外・・・
SHISHAMOが今は推されているのかな?女子バンドの世界も
浮き沈みが激しい。ねごとはKi/oon Music(好きなレーベル)
所属だしここに所属するだけの実力はあるのになあ。

E-girlsはテレビで見る機会も多いけれど最近の曲は気になる。
「Dance Dance Dance(ムーンウォークしてた曲)」から
ちょっと気になってよい感じ。「DANCE WITH ME NOW!」
avexお抱え(?)の有能女性プロデューサーmichicoと同じく
プロデューサーの夫T.Kura(安室ちゃんやJSBの曲も担当している)
が関わっていて好き。michicoは音も作れるし詞もよいのよ。

LDH系の人たちはとにかく作曲者を知るのに苦労します。
横文字の人たちがずらずらーーっと並んでいて「どうやって作曲
したんだよ」とツッコミたくなる。
Pink Champagne」という曲なんか名前多すぎ。でもこの曲が
とても格好良くて(Rapがすごくよい)彼女らはよい曲に恵まれてる
なあと思う。誰が人気とかいろいろあるのかもしれないけれど私は
Shizukaさんの声質がダンスチューンによく合っていて好きです。

E-girlsはいっぱいベストみたいなアルバムがあってどれを買えば
よいのか分からない(笑)私が気になる曲はベスト!!みたいな
ベストが出たあとの曲なのでもう少し待つかなあ。

とにかく今はストリーミングで世界が広がっています。
IDLMs.の新曲配信がなければ食わず嫌い(?)・・・(とにかく
アプリをダウンロードすることが嫌いなので)していたまま。
「PRINCE」を心の化粧水にしてCD(なんとこの曲が収録されたE.P.
『SUMMER』は6月7日発売・・・遠いよーーーー)を待ちます。
ここまでお読みいただきありがとうございます。

広告を非表示にする

実例紹介6「REFLECTION」

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
今回は評価もコメントも奇跡的に0を記録している曲
「REFLECTION」の紹介をします。
再生回数もほとんど自分ではないでしょうか・・・
もともとそういう目的でYouTubeにいるのでよいのですが。

公開↑↑テンション↓↓後悔
思い返せばよくこんな詞と曲を公開したなあと思うものが
たくさんあります(そんなんばっかりです・・・)
作ってみたい「○○ソング」が作れずに「なんだこれ」を
量産しているわけです。

「愛」がちゃんとどういうものか分からないから詞にできない。
それでは「自己愛」をテーマにするしかない。さすがにリアルな
(現実味あふれる)詞にすると悲しすぎるのでナルキッソス君に
いろいろと空想行為を演じていただこう。

さて「自己愛」とはそんなによくないものなのか?
自分が自分を愛さなくては誰が愛してくれるのか?という
悲しき(いや悲しくない人もいると思います)私たちは一体?
鏡の中の自分にふと問うのです。あれっ自己愛でよいじゃん!!

神話のナルキッソス君は泉に映る自分の美しさに見とれます。
美しさには個人差がありますが、せめて自分の顔は自分で目に映して
おこうではありませんか!という「私たち」の曲のつもりです。
(諦め気分でI love youと言ってみるのもよい気がするのです)

自己愛∞反射∞自己愛
音について述べていませんでした!変な曲です。
Key of Gは爽快感が出ますね。ぽよぽよしたシンセシーケンスと
くりかえすシンセベース(この音はお気に入りです)とクラップを
効かせた(つもり)リズムセクションで始まり音が増えていきます。
ギターのような音でばらんばらん鳴らしているバッキングと
うっすら鳴るシンセストリングス・・・薄い音ですが限界です。

何よりVocalが最高に気持ち悪い1曲となっています。
よくマイナス評価がつかなかったなあ(すぐ閉じて誰も聴いていない
ということかもしれません)でもこの曲はこのくらいやらなきゃ!
やはり自己愛におぼれているようです。よいじゃん!!

www.youtube.com「REFLECTION」/amrskJPN

Look in a mirror
Look in a mirror
Look in a mirror
Look in a mirror
(reflection)

覚えたばかりのフロイトどおり
ひとり対になり夢を重ねる
(reflection)

We stare at our reflection
We stare at our reflection
We stare at our reflection
We stare at our reflection

覚えたばかりのフロイトどおり
ひとり対になり夢を重ねる
(reflection)

I love you
I love you
I love you
I love you

以上で実例紹介6「REFLECTION」を終わります。
ここまでお読みいただき本当にありがとうございます。

広告を非表示にする

YouTubeを眺めて[冷静から自由である]

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
今回はYouTubeを眺めて「よいなあ!」と思った曲(人)について
書くという迷惑極まりない(?)ことを行いたいと思います。

めずらしいMaleVocalのあり方
自作曲(歌もの)の非ギターロック系の男の人が気になって仕方ない。
いや別に何をどうするとかそういうわけではないのですが(笑)
自分の動画にたまたま関連動画として表示されていて、
れいなグラフィックについ開いてみたら声が入っていて驚いた。
EDM系で少しパッションを込めてうれいのあるメロディを
声で描いていく感じの人はめずらしい。
男の人は自分Vocalで非ギターロック系自体がとても少ないため印象的・・・
ものすごいテク打ち込み系の人はVOCALOIDさま系かEDMインストが
ほとんどなので・・・これは・・・ずるい。

ありがちな「冷静」から自由である
ギターロック系の人はけっこうパッションを込めて声を通す人も
いるけれど、くりかえしますがEDM打ち込み系で自分Vocalの(おそらく
大先輩ではないであろう)男の人って本当にめずらしいです。
(声から察するに・・・大先輩にはさまざまな歌ものを制作なさっている方
もいらっしゃるので)しかも声も音もありがちな「冷静」にふるまうことなく
ちゃんと色と温度と少しのパッションを伝えている・・・ああずるい!
まったく更新されていないようなので残念ですが・・・
チャンネル登録はばっちり(笑)

ここで「ありがちな『冷静』から自由である」というサブタイトルを
つけましたが・・・まさにこれが私の心がゆれるポイントなのです。
「いや『ありがちな』って何やねん」とまたディスった物言いに
自分でも嫌気がさしますが――そう表現せざるを得ない。
眺めるとどこか「冷たい」曲(人)が多い気がするのです。
音への好奇心はきっとあるんだろうなあ、理論や技術を駆使して面白い
曲を純粋に追い求めているんだろうなあ――おっ転調がすごいとか
コード進行がどうなってるんだこの曲!?とか――でも何かが冷たい。
そもそもメロディがずっこーーーー・・・いやメロディだけが音じゃない。
好みの問題なのでたくさんある(ように見える)ということはきっと
その傾向こそが「多くの人の心を動かしている」のだと思います。

そんな中(どのように意図しているのかは知る由もありませんが)
私は個人的に色と温度とパッション(人の声が入ると増幅されます)
を感じられる曲(人)を見つけられてうれしいなあ!という――
それでこれだけの長文を書いて――書いています。

まとまらない考えをまとめない
女の人で自分のVocalを入れる人は鍵盤弾き語りが多いのだろうか。
(1人の場合)男の人はギター弾き語り&DTMかなあ。
打ち込みテクとかはきっともっとすごい人がいるのかもしれない。
凝ったコード進行でプロレベルのCoolEDMインストを制作している人も
きっといると思う。VOCALOIDでたくさんの人の心を動かす人も。
でも彼(勝手に褒めている)は声(ゆらゆらとのばしている)がずるい。
やっぱり私はVocal入りの曲を聴くのが好きだけれど、これはずるいなあ。
客観的にどうこうとかじゃない(いや十分お上手です打ち込みも処理も)
しかも詞は表示されていないし何を言っているのか分からない。
でも何か心がゆらゆらと「世界」にひきこまれるというか――ああよい曲
作ってよい声(いやこれも個人的に!)を鳴らすなあこの人――

うけーーーー私はただでさえどうしようもない下手DTMerなのに
打ち込みテクやミックステクはまだ改善の可能性があるけれど「声」は・・・
そんなにどうしようもできませんがな。
パッションが似合う声ってあるんですなあ。
ほら鬼束ちひろ系とかFemaleSSWならまあアマチュアでも上手な人は
いますやん。そのMaleVer.(しかもEDM打ち込み系)は本当にずるい!

今回はとても気味の悪いファンレター(?)となりました。
関連動画に表示された偶然がつなぐ刺激!やっぱりサムネイルって
大切なんだなあ(自分はいつも色画面一色・・・)と思います。
それにしても文がとてもキモチワルイです。パッションで書いている。
ここまでお読みいただきありがとうございます。