amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

「作曲がしたい」とは何か

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
たまにYahoo知恵袋をのぞいているのですが、
「作曲がしたいけれどどうしたらよいか分からない」
という質問があることに驚かされます。

・・・どういう意味なんだろう。

私はそういう(作詞・作曲カテゴリ)質問&回答を
読むのが好きで、回答の中にすごくよいヒントを
見つけることができるところが気に入っています。
しかし上記の質問をするタイプの人たちは往々にして
(私が勝手にグッときているだけですが)そういう
回答には目もくれません。なぜだろう。

「どうしたらよいか分からない」というわりに
DAWソフトや周辺機器に言及した回答や音楽理論(?)を
知っておくべきという回答にはとても親和性があるように
見えます。あれっ自分の系統分かってるんじゃない?
何をすべきか(正確には「したいか」)も分かってるん
じゃない?じゃあそれやったらよいだけじゃない?

もし「こういう系統の音楽が作りたいけどどのDAWソフトか
迷っている(そこまで分かっててそんな質問ある?)」とか
「(例をあげて)理論のここが分からない」などもっと具体性を
帯びた質問を投げていれば(おそらくこの人たちには不必要で
あろう)「変な回答」(それが私にはひらめきになる)が
返ってくることもないだろうに・・・
自分の真の意図を分かりやすく(明確に伝わるように)文章に
することはお仕事でも、数学でも、そして音楽制作でも
(もちろんコミュニケーションでも)いちばん大切だと思う。
この何とも言えない不安な感じはどこまでがリアルなのか。

もう一度話を戻すと「作曲がしたい」って何だろうと思うのです。
「作曲がしたい」と思うくらいだから音楽が好きなんだろうし、
だったら好きなものを聴いていただろうし、まず何らかの形で
マネるというか、別に「作曲したい」と思っていない段階でも
せめて歌ったりとかはしていないのだろうか。
いやインストゥルメンタルでもね。テクノでも何でもこう音を
しっかり聴いてたんやろか。それでグッときた展開を歌って
マネてみるとかはしていたんだろうか。このリズムは何が心地よく
させるのかとか(机を叩いてみるかボイパもどきをするとか)
・・・こうただ黙って分析して聴くより理解が早いと思うけど、
それはしていたのだろうか。

「作曲がしたい」人は音楽は好きなんだろうか。
音楽理論が好きな人はたくさんいるだろうけど「音楽」特に演奏。
鍵盤でもギターでも何でもよいけど(まあ鍵盤の方がよいかも)
「どうしたらよいか分からない」人は早くCASIOのキーボードを
購入して弾いた方がいいと思う(CASIO限定wwww)
早く自分で音を出した方がいいと思う。楽しいから。
別にコードとかマスターしなくていい。コピーもまだいい。
変なビヨビヨした音もプリセットにあるからそれで変に弾く。
まずそれが「あなたの出した音」以外の何物でもなくて、
DAWでループを使って作りたいねん!(ってそういう人はもう
やり方を分かっているから質問はしない)という方向になったと
してもビヨビヨ演奏はマイナスにはならない。

「どうしたらよいか分からない」人が「なんかマニアックで
すごく凝っていて聴き応えがあって『なかなかやるね』と
思ってもらえる」曲をぱっと作れたら(作れると思っていたら)
それはちょっと怖すぎると思う。
やっぱりネットを見ていて思うのは「文章力の危うさ
(ここが不安定だから「不必要な回答(=私にはひらめき)」
を呼ぶのであって・・・わざとかも知れないけど)が
全部につながってくるからそのブラッシュアップは(音楽制作の
スキル以上に)怠らないことが肝要だということです。
「言いたいことをちゃんと言えているか」
「尋ねたいことをちゃんと尋ねられているか」
(回答してくれた人がいるなら)
「その内容を把握して(把握するだけでよい)まずは
(揶揄でない限り)回答してくれたこと自体にThanks!だけでも
返信することができるか」
もちろんいろいろな考え方の人がいるし・・・かかわりたくない
タイプだっているだろうし・・・それはみんなそうだろう。
「できるだけ得たい回答が得られるような質問の仕方をする」
「かかわりたくないタイプにはそれなりのThanks!でかまわない」
「でもThanks!は必要(あからさまな揶揄でない限り)」

作曲の話なのか文章力の話なのか・・・どちらも中途半端な
私が言えることではないのかも知れませんが、もちろん
ブラッシュアップすることを意識しつつ現時点で思うことを
述べてみました(ブログってそういう場所のはず)
最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

褒める感性

エイプリルフールのamrskJPN(あおむらさき)です。
今回は「褒める感性」について思うところを書きます。

音づきあいは人づきあい
自作曲を広く聴いて欲しいのは皆同じだと思います。
そのためにチャンネル登録であったり通知であったり、
SNSであったりいろいろお知らせに奔走する。
(音と人がよい人ほどその労力は小さくて済む)

一方他人の曲にそんなに関心をもてない(一部の有益な
人に限定せざるを得ない)のも実情でしょう。
「有益な」を「大好きな」に替えても差しつかえない。
レベルの差から生まれるどうでもよさであったり、
音としての好き嫌いであったり、もしくはやりとりの上
での好き嫌いであったり。それは仕方がない。

その上で何かを伝えるなら(伝える必要があるなら)、
私は可能な限りその曲のよいところにGJ!と言いたい。
伝わるように言わないと伝わりません。そもそも
GJ!と思わないなら何も言う必要はないと思います。
(アドバイスが言えるならそれでもよいでしょう)
どんな曲にも完成させた人がそこにいるからです。
なんだかそういう「褒める感性」は「創る感性」と
同じくらい重要だと自戒を込めて(今さら)思います。

ずっと前からなのですが・・・・・・
心がどこにあるか?ということを考えざるを得ません。
それは私も同じです。無理に何も言う必要はない。
文字は伝わりにくいゆえに難しい。
私が言っても説得力がないのですが・・・・・・
申し合わせたようにほぼ同時に宣言する必要はない。
これだけは底辺なりに暴れたい点です。
すごく好きな曲なのでなんだかとてもしんどい。
「音も人も好かれる」って難しい。
リアルで底辺なら音づきあいでも底辺(言動の選択も
ソフィスティケートすることからはずれていく)です。

有益でない人(私)とはかかわらない方がよい。
どこでも同じです。
あまりブログではこういう自分の性格と頭の悪さを
記述したくなかったのですが、隠せるものではない。
「好かれる」って本当に重要です。
言動の解釈もまわりによってガラッと変わるからです。
好かれるためには有無を言わせないクオリティと、
洗練されたさじ加減のコミュニケーションを積み重ねて
心地よい空間を維持する必要があります。

「心地よい」文も曲も提供できない(文は「しようと
しない」)私はそりゃ好かれなくて当然です。
さじ加減は見たら分かるんですけどね。そこです。
私は有益ではありません。

広告を非表示にする

ギター録音曲を制作しました - 実例紹介29「香港レモンティ」

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
ついにギター録音曲を完成させました!完成というか
投げ出しました(?)「もうこれでええわ!」みたいな。
今回も詞先は変わらずネタ(構想)はあったので
音になるのをギターを弾きながら待つ感じでした。
(詞先ではありますが)純粋なギターで作った曲です。

曲全体の構想に関して
「ジーザス&メリー・チェイン(中華版)」というのが
やりたくて(それ何?)あの何とも言えないメロディと
轟音ギターと独特の音響バランス・・・結局ぼわぼわの
お風呂状態にごまかしきれていないギター(涙)
「中華版」ということばに何故か今ハマっているので
香港旅行で印象的だったアイスレモンティのことを
ネタにしてその点はクリアしていると思います(笑)

香港のレモンティはレモンスライスが5~6枚入っていて、
普通のストローと先がスプーンになったストローの2本で
レモンを「がしがし」とつぶして飲むのがおいしい。
Hong Kong Style Iced Lemon Teaという言い方でOK。
「Tea with Lemon」と言わなくてもよいみたいです。
甘さと爽やかさと香港の「何でもあり」みたいな感じ・・・
英語と広東語・金融ビル群と漢字の看板・ピカピカの地下鉄
と古い2階建てトラム・・・をがしがし混ぜたような世界を
いかに(詞はすっとできたので)音にするかが課題でした。

ギター録音に関して
始めの3行(アイスはなぜか~)だけある状態でギターを
じゃかじゃかやったらすぐできました!
BPM169と今までで2番目にテンポの速い曲です。
半音下げチューニングでAbとEbしか押さえられないので
どうやってもいつもの曲と似てしまう。またKey=Ebかよ。
それでも「じゃかじゃか」って楽しいものですね。
「ああこれがギターで作曲(超初心者)の気分かあ☆☆」
最近本当に集中力が続かなくて(すぐ飽きてしまう)
お休みの日に一気に作って録音してしまわないと完成に
たどり着けなくなっています。この曲は特にそう。ろくに
弾けないけど何度も録り直すとしんどいし時間もない。
(後でぼわぼわにエフェクトかけるし・・・)
2TrackをLRいっぱいに振ってそれぞれ1テイクでOK!

間奏の2フレットを押さえて全部鳴らした響きが好きで、
(F Bb Eb Ab C F)この配列は鍵盤だと思いつかない
ギター独特の簡単なのにおいしい響きやなあと思います。
(思いつかないのは鍵盤も下手な私だけかも・・・)
最後のEbじゃ~~~~んが超うれしい。やはりギターの
身体的な響きってよいなあ。空気の振動を感じる。

その他曲に関して
この曲はギターが楽しかったわりにドラムとベースが
超手抜き(笑)とにかくさっさと終わらせたい。仮ドラムと
仮ベースからほとんど変えませんでした。
ベースに至ってはシンセベースをEb(ミb)の1パターン
固定です。コードAbのときにラbを鳴らす方が変に思えて。
速い流れの中でギターとは対照的に無機質な1パターンが
似合うように思えました。ドラムのエディットも面倒で(笑)
リズムパターンとしてはよくあるものの使ったことのない
軽快なタイプでギター作曲がここに出たのだと思います。

やはり「ギター作曲(初心者)」では使用可能な響きが
限定されるゆえにメロディがいつもより雑になります。
詞は先にあるのでそれで雑に歌う方が流れるというか。
とにかく今回はすべてが雑ですが久しぶりにフルで曲を
作れた(完成させられた)のでそれでOK!そのわりに
2分31秒とテンポも速いのに気合の入った長さで謎です。

下手なギターを最大限ぼわぼわにしたお風呂曲。
YAMAHA RGAX2に罪はない(涙)私が所有者で申し訳ない!

www.youtube.com「香港レモンティ」/amrskJPN

アイスはなぜか3ドル上乗せされるのが常識
やたら重ねたレモンスライスをがしがし
I'd like a glass of Hong Kong Style Iced Lemon Tea

映画のロケ地を歩いてもスーパースターはいない
「恋する何とか」の世界はありそうであり得ない
I'd like a glass of Hong Kong Style Iced Lemon Tea

恋するレモンティ(我要呢個)
恋するレモンティ(This one Please)
恋するレモンティ(我要呢個)
(そこら中に人がいるそれぞれに歩いている)
(それは何てことないSceneそこを通り過ぎるだけ)

中古ギター購入あれこれ

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
少し前についに中古ギターを購入しました!!
なんだろなあ・・・どうしよっかなあ・・・といろいろ
サイトを見ては迷いそもそも「なぜギターを買うのか」
からいろいろ考えたり・・・練習するのか!?

形とパーソナリティ
私はギターに関して無知なまま「形」(見た目)ばかり
注目して探していました。もっと真剣にギターを始める人なら
好きなミュージシャンの使用ギターを研究するとか、作曲を
している人ならどんな「音」が欲しいかによって選択していく
ものなのかも知れません。その点私は妙に「形」が気になって
「このミュージシャンはレスポール(というかギブソン)が
しっくりきてるんやな。なんとなく出てるな。なんでやろ?」
「この人は意外とストラトキャスターやったんや!あまり
そこに注目して今まで見てなかった。」などなど・・・

何なのでしょう?求める音?メーカーのイメージ?
やはりそれぞれのおもにネックの形状?あの「しっくり」は
どこから生まれるのか?その人の聴いてきた音楽や敬愛する
ミュージシャン?その人の今やっている音楽?
いやもっと直感的に「その人の『形』がギターの『形』を
呼ぶんじゃないだろうか?」・・・見た目ばっかり(笑)
顔とかスタイルとか・・・それが聴く音楽を呼んで作る音楽に
返ってきて・・・みたいな。

そんな中「じゃあ私がギターを手にするとしたらどういう
『形』がしっくりくるんやろ?」・・・これかも!!!!
それがYAMAHARGXA2でした。2.5kgという軽さが決め手。
大好きなCASIOのキーボード(こっちはYAMAHAではない)
CTK-240も軽さ(2.8kg)と手軽さが決め手だったんです。
YAMAHAのRGXA2は本当に軽い。家にあるTeiscoが普通の
重さ(?)なのでしょうからこれは軽いです。

f:id:amrskJPN:20180316214459j:plain

色も航空機をイメージしたホワイト&エアクラフト・グレイで、
すごく格好良い。見ててじーんとする。弾けないけど(笑)
「やっぱり私はYAMAHAが好きやなあ」と思ってしまいます。
エレクトーンにトロンボーン(部活)にシンセ(DX100)・・・
縁があるのかな。

とはいえ私の「形」はこんな翼みたいにスタイリッシュでは
ないので(涙)さっきの「その人の形がギターの形を呼ぶ」
理論がまったく成立しないのですが・・・あこがれパターンも
往々にしてあるということで似合うように頑張ろう!!
まだよいスタンドも買っていないし(安物スタンド使用中)
ピックはとりあえずギブソンのティアドロップ型のMedium。
ストラップもまだ買っていないし・・・でも適当にじゃらーんと
さわってみるだけでも興味深いものですね。チューナーもない。
アプリでもよいけどまあ自分の耳で何とかやってます。

目指せジミー・ペイジ
「こいつは何を言っているんだ?」(笑)
私自身あまり往年のロックを聴いてこなかったので、ギターが
ちょっと遠い存在というか、いやいやJ-POPにいっぱいギターは
鳴っているのですが、やはり自分には「お勉強」になってしまう
ことが多くて単純に「このギタリストかっけえ!!」みたいな
往年の人に純粋に衝撃を受けたかったというか。その意味では
ジョニー・マーはちょっと好きなんですが。好きな人は好きな人と
つながってたり(New OrderPet Shop Boys)まだまだ
聴きこめていないので「ちょっと」としか言えません。

そんな中ミッシェル・ポルナレフ(「シェリーに口づけ」etc)は
「フランスのロック」として私はとても好きで、彼の1966年の
デビュー曲が以下YouTubeの「ノンノン人形」なんですね。
(女のコが「ノン」ばっか言ってていつか「ウィ」と言わせたる!)

www.youtube.comその録音のギターがスタジオミュージシャン時代の
ジミー・ペイジだそうで。あのE A D A Eってすごい。
スリーコードで格好良さとキュートさを併せ持つすごい曲。
作曲はポルナレフで作詞は違う人だそうですが・・・
メロディも何回も同じラインをくりかえすのに飽きない。
フランス語ってのがまたとてもよいんだと思います。
彼の曲は他にも「想い出のシンフォニー」が超ロック?
なんだろシンフォニックロック?とにかく超格好良いです。

目下のところEとAは何とかなってもDでつまづいてますが(涙)
FどころかD!!!!「よっしゃジミー・ペイジ目指す」と
好きな曲を(フランス語の発音は無理なので)ふ~ふふふ~
ふ~うう~うぇ~ええ~のんのんのおおおんの~♪
ちょっとだけ弾くにとどまっています。

追記
いろいろと彼のアルバムは出ていますが、日本独自の
コンピレーション盤であるポルナレフ・ベスト」
よくまとまっていておすすめです。
彼の曲の邦題はやたら「愛の○○」が多いのですが、そういう
ロマンチックっぽい(正しい訳でもなさそうな・・・)曲よりも
思いっきりハジけてブッ飛んでいたり(特にM20)激しく
ロックしている曲が魅力的に思えます。
ポルナレフ・ベスト」(2004年)私のおすすめ曲
M6ノンノン人形
スリーコードのロックの名曲なんじゃないかなあ!
M13リンガディン
キラキラした音がたくさん鳴る甘いドロップみたいな曲です。
2分半もないのでぽいっと口(耳)にして元気が出ます。
M16想い出のシンフォニー
とにかく格好良い。オーケストラの響きとあいまって
こんな「宇宙みたいなロック」があるんやな・・・と思います。
M19僕はアイスクリームの中から生まれた
私の中でナンバー2!「じゃあああず!(Jazz)」という
フレーズがめちゃ印象的。ジャズロック?全編超格好良いっす。
M20つけぼくろ
おしゃれすぎるしブッ飛んでいます(笑)ノリがすごい。
この曲で踊りたい・・・いやもう踊らざるを得ない(笑)

じっくりポルナレフを聴きこむよい機会にもなっているので
ついおすすめを書き連ねてしまいました。
少しずつギターとの距離を縮められたらなあと思います。
ここまでお読みいただきありがとうございますm(__)m