amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

“アリーナでスタンドマイク” - 実例紹介35「SAVE」

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
今回は「作詞作曲って面白いよなあ」という自分用のメモ
というか、こんなパターンあるよねっていう話です。
ここのところ音楽も文も「気負いなく」公開するように
意識していて、この気の抜け方はよいと思っています。

「ときめきはどこですか」って何?
今回アップロードした曲「SAVE」には紆余曲折あって、
もともと今年の2月にまったく違うアレンジの曲として
キーボードと歌でスマホ録音のデモを作っていました。
仮タイトルは「Fanfare」という明るくて軽い曲です。


こちらがそのmp3です[Fanfare](25秒)
スマホ録音そのままなのでキモさ注意!

BPM120/Key=Fでうきうきトライバルなビート、
「ときめきはどこですか未だに探してる」を詞先で作り
(どういうテンションでこれ歌おうとしたんだろう)
PCを買い替えたら形にしようと思っていました。
・・・時間が経ってツールもそろえると気分が違う。
「ときめきはどこですか」って何?確かにデモを聴くと
どういう曲にしたいのかは分かる。でもこれ何?
圧倒的な「歌えなさ」に即ボツにしていました。

“アリーナでスタンドマイク”
いつも(自己満足で構わないので)「自分が今聴きたい曲」
を作ることをモットーにしているので、最近の気分は
“アリーナでスタンドマイク”みたいな曲(笑)を
クリアしないといけない。自分で思いついておいて
何やねんそれ・・・と反応しつつやはりそういう曲を
目指します。今回はあまり詞が出てこなくて、音もまあ
うっすらと「16刻みのロックが聴きたい」くらいのイメージ
しかありませんでした。

ふと前に作ったデモと詞のメモを見ていて「ときめき」を
再発見。これメロディ自体は悪くないよなあ。
でも「とーーきめーきはどーこーですぅーーか♪♪」とか
今絶対歌えないし、変えようかな。リズムは16ロックで、
BPMはちょっと落として104で、できるかな・・・
Key=Fだとふんわりあったかい感じになるのでKey=F♯やな。
(このキーは特に色が変わると思っています)
ちょっとシャープな、風変わりかつ壮大な感じのキー。

「うーーううーうーう」で流してみるとしっくりくる。
ものすごく久しぶりのメロ先です。これはしんどい!!
いつも詞先(その方が私はラク)なのでメロディが先にあると
ものすごーーーーく難しかったです。結局妥協というか
新「ふり返ると言いようのない色や形ばかり」
元「ときめきはどこですか未だに探してる」で
意味とか音のイメージに乗るとか、自分が歌えるという点では
「ふり返ると」がすごくしっくり来るのですが、ラインという
点ではそんなにハマっていません。これが限界でした。

でもめっちゃお気に入り(笑)
すがすがしく「どうしようもなくて」形にできてよかった!
歌いたいことが歌えている詞になったし音像ともぴったり。
“アリーナでスタンドマイク”の曲に「ときめき」は違う。
詞ってやっぱり意味あるんやなあ。
歌う人間(自分)にも影響をおよぼすし、作詞が歌い手に対し
「どのような音と内容を発声するか」を決める作業であると
実感しました。

音さえ録れれば何でもできる
さてアレンジに関してですが、どんどん「音数を減らす」
リズムセクション以外)ことを意識していてはじめはドラムと
シンセベースだけで作っていました。かんかんこんキンキン
金物を鳴らすブームはまだ終わっていません(笑)
しかしさすがに頭の中でギターが鳴っている。
“アリーナでスタンドマイク”ならやっぱりギター必要でしょ!
困った・・・パワーコードのB F♯ C♯ Eb(Ebm)をいそいそと
検索し(ちっとも練習していません)ぺけぺけ鳴らして録音。
よれよれの8分刻み(まともに音鳴ってない)でもとにかく
「ギターから発する音」が録れたらOKです。

ギターを弾くことよりそれを加工することに主眼を
置いているので、ナマで雑な音ほどそれは楽しいのです。
StudioOne4ArtistのAutofilterで「刻んでるっぽい」形に
加工しました。ひたすらドライに歪んだ音でごまかします。
L50R70で2トラック録音して使いました。
Cの謎単音フレーズの方が聴いていてしんどいです。
頭では鳴っているなめらかなフレーズが弾けていません。
刻みよりごまかせないのでキッツイです(涙)

それでも今回は死ぬほどリズムセクションが鳴っていて、
それとシンセベースとVocalが音のメインなので
ちょっと隙間にあるといいなくらいのギターを入れられて
満足しています。

2分6秒の“アリーナでスタンドマイク”曲です。
タイトルどおり今「自分を救う」歌になっています。

youtu.be「SAVE」amrskJPN

積み重ねたものが私を止める
くり返すことが私を沈める
それしかないから身に着けている

経験しなくていいことは
経験しない方がいい

ふり返ると言いようのない色や形ばかり
――考えることも手にすることもない
――そうはならない
私は私にかけることばも見つからない

SAVE MYSELF
SAVE MYSELF

「よりそう音楽」とは何か

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
ここのところラジオをよく聴いていて、そうすると時事ネタ
というか大型連休の話や母の日の話なんかがよくあがる。
だいたいリスナーの聴覚版SNSが始まるので、最近のラジオは
音楽をあまり流さなくなったなあと感じています。
聴取率とかラジオショッピングが重要なので仕方ないか。
お金を落とさず投稿もできないような人は何も言えない。

今ってこう「SNS的に話せる」人はどんどん集まれる
というか、もちろんそのレベルにいるのだからいろいろと
仕事も家庭もしんどいことが多いし、すごいことをしている。
愚痴も吐きたいだろうし、元気になれるようなものが欲しい。
やってることはすごくみんな正しいし、生産性がある。
「お互いに選びあった善の人たち」というか。
プラスにはプラスが集まってくる。しんどくても応援してくれる
アーティストだとか、曲が『もりもり』あるし、語れる。
ストーリーのただ中にいて、自分たちで物語を語って、
発散して、毎日がんばってる。いいなあ。

ふと「なんにもない人によりそってくれる音楽がないなあ」
と思った。どうにかしようとしてきたけど、努力も運も
足りなかった(まあ自己責任なんだけど)。頑張りもある種の
頭のよさも仕事も見た目も合格ラインに達していないと当然
選ばれない、選びあうというステージに立てない人には
けっこう、本当になにもないというか。マイナスしか発生しない
ところにはアーティストもねらって曲書かないというか。
ネタ曲は知らないけど、よりそうって「ない」よなあ。

しかし「よりそって欲しいのか?」というクエスチョンが
すぐにわいてきて????????でいっぱいになりました。
「よりそってもらう」こと自体の前に、「一般的によりそって
もらえるスペックおよび人格」に自分がなったうえで、
「よりそってくれる」音楽に浸りたいんじゃないか。
あるいは「よりそってもらうとかどうかと思う」ってかっこよく
切り捨てたいんじゃないか・・・とかね。
SNS映えしたいかどうかはともかく、そのように思いました。
今この「なんにもないまま」よりそってもらいたくはない。
そんなアーティストは気持ち悪いしうさんくさいって思う。
だいたい自分がそういう曲を作れないのがその証左というか。
なんにもなさすぎてかける言葉もないよねって。
利益にならない層はかかわらないのが一番(たまに一時的に
ネタ化して笑って暇つぶし)だって誰よりも自分がよく
分かっているからです。

声の大きい立場や身分の人たちが共感しあって、強さと弱さを
シェアして、自分たちが暮らしやすいようにする。
それの何が悪い?とある曲を聴いていて押しのけられるような
感じがしました。ただ(ママでもあるご自身と)世のお母さんを
エンパワーしたいという熱い思いにもとづいたピュアな音楽に、
まあよくぞここまでどうしようもない文句をつけられるなあ。
だから(以下略)なのはさておき、強い。
こんなに世の中こういうテイストの曲多かったっけ?みたいな。
なんでも宣言する(言いふらす?)ことが主流になったので
そう思えるのでしょうか。幸せも願いも口にした者勝ち!的な。
偉大なるシンガー梓みちよの国家的プロパガンダテイストの
作品から時を経て、なんかオリンピックが近くなるとこういう
感じになるのかなあ・・・みたいな。

よりそってもらえる身分になりたければ自分がもっと頑張るか、
自分で自分を救う(なにかで見たけどよい言葉ですね)か、
よりそってもらおうとするのを諦めるか。
ひとまず自分で自分を守る曲が作れたらなあと思いつつ、
やっぱりかける言葉なんて見つからないことは自分がよーーく
分かっているので、サウンドで心がうるおったらOKだと
いうことしておこうと思います。
勝手にいやされるのが一番迷惑にならないよなあ。
そもそも勝手につぶれてる人生は扱いが面倒くさくて迷惑だ。
ここまでお読みいただきありがとうございますm(__)m

音に乗れ - 実例紹介34「5フレットを鳴らせば」

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
やっとのことで機材がそろったのでDAWによる制作が
できるようになりました。長い間音を出せなかったのは
自分で思うよりも苦しかったです。作詞作曲が少しは
ストレス解消になる部分もあったのでしょうね。
(意外とプラスの作用があったことにおどろいています)
あらためて気分のコントロールは難しいと思う4月です。

#タワレコ推し活グッズ
先日久しぶりにタワレコに行ったのですが、なんかすごい。
推し活グッズなるものが売られていて、ついまじまじと
見てしまいました・・・
コンサートの銀テープをうまいことキーホルダーにする
アイテムとか、写真を入れられる鏡とか、「現場用ファイル」
なるものとか、すべて(推しの)メンバーカラーに
対応できるようにいろんな色があって見ていて楽しい。
カラーセラピーのようでした。

特に小さな鏡はTOWER RECORDSの文字が入っていて、
色もきれいでちょっと買いそうになりました(やめたけど)
紫は私の好きな色であるとともに、推しメンである
(おるんかい!)King & Princeの岸君カラー♥♥♥♥♥♥
ちゃっかりCDは購入してしまいました・・・
パネルによる展開といいタワレコすごいです。
CDショップってテーマパーク的な楽しさがあることを
再確認しました。

#君を待ってる
そしてつい購入してしまったKing & Princeの新曲
「君を待ってる」のCD・・・これ豪華でびっくり!!
まずタワレコにて「記念レシート」なるものをいただく。
どうすればいいんだこれ!?
とりあえず初回限定盤Aについてきた特典の(爆イケ)
キンプリフォトカードとともに、ファイルに入れました。
ファンの人には記念になるし、次もタワレコで買おうって
なるし、レシート1枚ですんごい戦略やなあ・・・

King & Princeの爽やかすぎるパネルの魔力は半端ない。
私はこの新曲「君を待ってる」が好きになれなくて
(スネアがバタバタしすぎてて怖いのと詞がしんどい)
購入を見送っていたのですが・・・MVがよすぎる。
今回は完全に映像とビジュアル(衣装)勝ちです。
いろんな方向から攻めることができれば強いっす・・・

#自作曲「5フレットを鳴らせば」
そうして(どうして?)春・新しい世界へ・さあ踏み出せ!
白とデニム・とにかく春春春の気分がふわふわ浮いている中
自分はまったく春ではないので、春をうたいました。
ギターも基礎すらおぼつかないまま1年が過ぎましたが、
ただ「5フレットを押さえて適当に弾いた音」を録音しても
非常に面白い(それで曲になる)のでよしとします。
物理的にいろんな音が鳴っているゆえ、他の音でうめる
必要がないギターは本当に面白い。

響きがよくて5フレットを鳴らしていたのですが、
すぐに形になって(あと1つコードが欲しかったので
7フレット弾きも追加)詞までそれでOKってギターは
作詞にも使える楽器だったのです。フレット・ピック・弦に
チューニング・・・ここらへんが使えるでしょうね。
今回は曲先というかコード先??ギターの音に乗って
気分が形になっていきました。

春が来ないので春よ来い来い来い。ギターがじゃらじゃら
鳴って、ドラムがかちかち刻んで、Vocalが「春春春春」
・・・そういうイメージです。
さくっと録音してAudioBox iTwoの扱いを学びました。
StudioOne4 Artistの機能はまだまだ使いこなせませんが、
あまり迷わずに音色やエフェクトを決めています。
今回はドラム以外ではシンセベースとビブラフォン
足してみました。
全体的にすごくよい音なので満足しています。
(1分5秒の短い曲なのでよければお聴きください)

youtu.be 「5フレットを鳴らせば」amrskJPN

5フレットを鳴らせば
5フレットを鳴らせば
春は春の春を
春は春の春を
春と春が春よ
春と春が春よ来い来い来い

音に乗って気分を形にするって(アウトプットした曲の
出来不出来はともかく)必要なことなんやなあ。
少なくとも自分のバランスを保つには有効な手段で
あることが判明したような気がします。
その後また出来の悪さにイラつくことは分かっている
のですが、エンドレスリピートであることも承知しています。
結局King & PrinceのMVを見るのが早いです(笑)
ここまでお読みいただきありがとうございますm(__)m

Pet Shop Boys - The Super Tour(4月2日大阪公演)

PetShopBoys

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
4月2日(火)フェスティバルホールで行われた
Pet Shop Boysの来日公演を観てきました。
私の中で最高額のLIVE(S席12,000円)でした。
感想をひとことでまとめると・・・
まさか『かもんべいべ♪』をシンクロできる日が
くるとは思わなかった
(Left To My Own Devices)

そんなに熱狂的なファンというわけではないし、
そもそもオリジナルアルバムは最新作の『SUPER』
しか聴いていません(これはひどい!!)
BS日テレで放送していた「ROCK LEGENDS」という
イギリスの音楽番組が好きで(DJや評論家の思い切り
エゲレス人的英語の発音もお楽しみのひとつ)、
その中で特集されていたのがPet Shop Boysでした。

もちろん昔のヒット曲はなんとなく知っていたけれど、
じっくり知る機会はなかったのであの番組に感謝したい。
その中で『Introspective』を紹介していたときにおおっ!?
何この「でばいせぃず」とか言ってる曲!?
(録画を巻き戻す)
Left To My Own Devices??どういう意味だろう??
(番組が進んで)うわっ何このMV(ネズミが出てくる)
低予算かつクリエイティブらしい・・・でもよい曲!!
「Home And Dry」めちゃええ曲やなあ・・・

そしてどうせなら今の彼らの音から知ろうと思って、
『SUPER』を購入してみたのです(ベストは図書館で)
1曲目の「Happiness」が好きなのですが今回プレイせず!
やけくそ気味に「It’s a long way to happiness」と
うたうニールが見たかったのに(涙)
エゲレスの猫みたいなVocalだなあと勝手に思っていて、
いっつあろーんうぇいとぅはっぴねええす!!
あろーんうぇいとぅごーー!!(a long way to go)
と続きます。不機嫌そうなVocalやメロディラインが
詞の意味とハマっていて最高です。
「幸せは長い道のりやで!」
「でもワイは行くで!」みたいなリアルな詞です。

さて期待した「Happiness」は聴けませんでしたが、
「The Pop Kids」をはじめ最新作からたくさんプレイして
くれて、多くのヒット曲を抱えてもなお新しい音で
攻めていくのはスゴイなあと思いました。
なんというか上品なビジネス音楽おじさんでありつつ、
ショウビズ界においてハングリーであることも忘れない。
このバランスを保てるのは昔からいる人だけやなあ。

スマホでの静止画撮影は許可されていたのですが、
2人は長いショウの歴史の中で何を思うのでしょうね。
そんなことをふと考えながらやっぱり撮りました(笑)
照明がめちゃきれいでしたもん・・・
お金ありますよなあって言うのにふさわしいショウ。

ベストアクトはキーを下げた「Love comes quickly」

 

またこの「can't」が嫌味なんだよなあ(冗談です!!)

創造力の波 - amrskJPNのメモ帳[作詞作曲]

 

以前ブログでネタにしてしまったのですが、
だいぶ彼らも「きゃーんと」になっていました。
母国でプレイするときはやっぱり戻すのだろうか・・・
それにしても歌メロがしみる。サウンドだけでなく
しっかりと歌が歌として空間を立てることができる。
これはニールさんSUGEEEEと思いました。

「Home And Dry」も聴けたし、ひとことまとめの
「まさか『かもんべいべ♪』をシンクロできる日が
くるとは思わなかった」を体験した
「Left To My Own Devices」は不思議な気分でした。
熱狂的ファンでないからこそのあっけらかんとした
不思議な感じ。うわ私今シンクロしたよマジで・・・

フレーズの中の「Come on, baby」が格好良くて、
この曲を聴くときは必ず「かもんべいべ♪」をやるの
ですが、本人歌唱本人音源でリップシンクすると
あとから何かがずーーーーんときました・・・
それも含めて12,000円ならお値段以上というか。
この不思議な気分はプライスレスというか。
くり返しますが大ファンじゃないからこその感覚って
あると思います。

フェスティバルホールは初めて訪れたのですが、
イスはふかふかだしホールのデザインや照明は美しいし、
めっちゃ上質の大人の空間でした。
みんな頑張ってるから今日ここに来たんだろうなあ。
中之島ってそういう気を張ってる土地なんですよね。
4月に来たくはなかった(自分に「負け組」なので)
のですが、よい空間にいられてよかったです☆☆

本日の1曲はぜひ!「Left To My Own Devices」で
『かもんべいべ♪』をどうぞ(笑)
ここまでお読みいただきありがとうございますm(__)m

作曲のツール - ver2.0

20190331

(↑AudioBox iTwoとおまけのPreSonusステッカーの写真です)
こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
私は作曲をするのに以下のツールを使用しています(ver2.0)

DAWソフト|StudioOne4 Artist
音源|StudioOne4 Artist付属音源
オーディオインターフェイス|AudioBox iTwo
マイク|リサイクルショップで購入した新古品(メーカー不詳)
キーボード|CASIO CTK-240およびYAMAHA PSR-7/49鍵・標準鍵盤
シンセサイザーYAMAHA DX100/49鍵・ミニ鍵盤
ギターYAMAHA RGXA2

突然のPC買い替えに伴いオーディオインターフェイス
新調することになりました。以前のものはWindows7でも
自己責任で接続して使用していたくらいなので、今回OSが
Windows10になったことでさすがに無理だと判断しました。
お金・・・お金ないっす・・・

お金以上に「どれを選べばよいのか?」という自由さは
しんどいものです。使い慣れた環境を変えるか、できるだけ
保てるようにツールを選択するか・・・情報は無限。
いちばん人気のオーディオインターフェイスならCubase AIが
ついてくるのか・・・Cubase使ってみようかなあ・・・
だいぶ迷いましたがやはりStudioOneに慣れてしまったので
StudioOne4 ArtistがついてくるAudioBox iTwoにしました!
(無料でPrimeを出してくれているのは本当にありがたい)
出たばかりのUSB-Cシリーズもよいのですが、さくっと入手
したかったしお金もないですし・・・

なにより見た目がよい!!!!

私はamrskJPN(あおむらさき)を名乗るくらい「青と紫」が
好きなのです。こういうデバイスは黒とかグレーとかメタル、
あとアクセントに赤が多いのですがまさかの青!!!!
めちゃよい色!!!!LEDまで青!!!!
すごくテンション上がります。よくぞこのブルーにしてくれた。
いや本当によくこの色に決定してくれたなあ・・・
(最新のUSB-Cシリーズはほぼ黒ですがちょっと青)
自分が思う以上にこのブルーはよい気分にしてくれます。
価格もまあまあだし(Amazonで14,800円)、何よりこれで
StudioOne4 Artistがついてくるってスゴイ。
セットアップを済ませてさあやってみよう。
いろんな方が情報を出してくださっているので、迷わずに
やりたいことができるのもよいですね。
(それでもドライバのインストールがなぜか失敗していて、
超あわててアンインストール&再度インストールし直して
何とか接続できました)

なんだこれ・・・選べることが多すぎる・・・

Primeとは世界が違います。
StudioOne3 PrimeからStudioOne4 Artistをさわってみて、
選べる音、できることの多さに圧倒されています。
むしろ選べない方がしんどくないやん(笑)
自分の中から出てくる音なんてそんなになくて、膨大な選べる
音から何か選んで何かできるのをまとめる。そのプロセスに
おいて「なんでもある」「なんでもできる」のは実に難しい。
ふわふわ情報に埋もれていると結局何もできないからです。

うわーこの音いいなーうわこれもいいなー
なんだこれこういうことできるの?こうするの?これなに?
これやったほうがいいの?やるべきなの?

まあそんなにしんどくなりたくはないので、分からないことは
適当にスルーしながらとにかく音をまとめる。
いろんな意味であまりにブルーなので、いつのまにか
BlueSongができていました!いつも最初はTESTソングを
作っていろいろ試して1曲仕上げるのですが、今回はBlueSong。
バイスの色とか、自分のこととか、いろんな意味でブルー。
21秒のBlueSongを今回の環境での1曲目にしたいと思います。
I'm Blueって3回も言ってるのが自分らしいです。
今の英語ではあまり使わない表現で、私も古典的な意味合いだけで
I'm Blueというわけではないので、そのまま「私は青!」です。
ちょっとした青でよければお聴きください。
こちらがそのmp3です[BlueSong](21秒)

新しいツールかつ使い慣れた環境で、できることは多い。
しんどくならない範囲で(意外とこれは大切)、以前よりも
思い切りよく決めることを意識して作詞作曲をしていこうと
思います。私は試行錯誤してもそんなによくならないので・・・
このへんはその人のタイプによるでしょうが、ここに謎の
宣言をしておきます!
ここまでお読みいただきありがとうございますm(__)m

あらゆるツールと作詞作曲

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
2019年に入ってすぐにPCが起動しなくなってしまいました。
物理的にHDDがこわれてしまったようで、いろいろなことを
試しましたが効果なし。おそるべし・・・
おそらく起動中の外的なショックで終わったようです。
さようならWindows7・・・そこからが大変でした。

ようやくWindows10のノートパソコンを購入して今に至ります。
「道具に何らかの不具合が出て使えない」という状況は
本当にしんどいものです。今はスマートフォンがあるので
ずいぶんと楽ではありますが、普段そんなにスマホを使いこなして
いるわけではないので慣れておらず、PCの便利さと画面の広さを
求めて購入する候補を調べる日々が続きました・・・

そのあいだにできた詞がいくつかあって、ことば自体は紙や
スマホのメモに保存してありましたが音はデモ程度。
キーボードを鳴らしてスマホで録音という懐かしい行為を
していました。昔はこれがカセット録音だったわけで・・・
そんなこともずいぶん前のことのように思えます。ツールって
こういうデバイスやソフトだけではなくて、自分自身も
作詞作曲のツールと考えると・・・その不具合はとてつもなく
大きいと思います。

なんだかなあ。道具としてでも、そうでなくても、
自分自身というものはなんて不具合だらけなんだろうと
考えざるを得ません。他の人よりかかえたエラーが多くて、
必要のないクラッシュが起こりやすくて、OSから何から
クリーンインストールしたいくらいです。それも不能
なってしまったのが今回手放したPCなわけですが・・・
使えない道具は持っていたくない。それが自分そのもので
ある場合はどうしたらよいのでしょうね。
「する必要のない経験ばかりしている」
「かみしめる必要のない感情ばかりわき起こる」
くり返すことでどんどん次の同じようなことを呼び込んで
いるのだと思います。100%自分のせいではないはずですが・・・

作詞作曲はまた別に、時間がたてばできるだろう。
もっと高い次元で生きて、よい感情をあじわって、人と
うまくやっていることを体験して、そこまで覚えがないのに
嫌われることを回避して、そもそも低く見られることを知らずに、
(もちろんそれだけ努力が必要ですが)生きてみたいなあ。
なんだかふつうの人はそういうものがインストールされている
気がしてならない。みんな必死に身に着けてきたのでしょうが、
私には具体的に何なのかが未だにまったく分かりません。

ただの愚痴(これもくり返している「本来する必要のない」こと)
・・・音楽に関するあれこれさえ何も書けない日々です。
それでもちょくちょくダウンロードしたり、テレビを見たり、
情報をゲットしたりはしています。
「自分自身がめんどくさい」というのが私の永遠のテーマで
ある気がしてなりません。こんなテーマしかナチュラルに
浮かばない人生(脳)を形成したくなかったなあ。
かかわる人を変えるのか、そもそもヤバいところにしか入れない
のか、それでもこのヒット率の高さを思うと、やはり自分自身が
めんどくさいというのが正解のようです。

読む必要のない文かも知れません。
お時間をさいていただきありがとうございます。