amrskJPNのメモ帳

あおむらさき(amrskJPN)による作詞作曲と音楽に関するメモ帳です

詞に責任を負う

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
今回は「詞に責任を負う」ということについて考えたいと思います。

作詞者と詞と声のあいだ
私は自分の声をVocalとしてツール化しているため「詞に責任を負う」
ということについて何となく思うところがあります。
プロでもアマチュアでも作詞者と詞と声のあいだにはそれぞれ
距離があり――どのくらい近いか/遠いか――それが個性となって
耳に届く(詞は目にも入る)ものだと感じます。
私自身が「作詞者=(近)詞=(遠)声」のシンガーソングライター型
であるためその形式における距離を考えたいと思います。
(「考える」といっても雑感をふらふら述べただけです)

LoveSongを歌える人はすごい
いきなり何やねん(笑)
MaleでもFemaleでも自作曲できちんとLoveSongが作れる人は
プロやなと思います。アマチュアであっても冷静にプロというか。
なおかつご自身でVocalを録音されている方がいちばん好きです。
その詞の内容が作詞者(ご本人)にとってどのような距離が
あったとしても「声」が責任を負う以上『徹底してStoryTeller
である』か『自分自身上等(どういう意味??)である』かの姿勢を
問われるからです。私は「上等だバカヤロー!!」という気概を
おだやかに漂わせるタイプのSSWに惹かれるのですが・・・

YouTubeで聴いていて心にぱっと色を放ったフレーズを引用させて
いただきたいのですが・・・それはご迷惑なのでぼんやりと。

ex.1 FemaleVocal(遠)詞=(近)声
詞の遠近は本来分からないものなのであくまで「印象」です。
たぶんStoryTellerなのかもしれませんがそれをうまく近く
ささやくように恋を歌っていらっしゃる。LoveStoryを詞として
作れる時点で竹内まりや的な。かろやかな美人曲。うらやましす!!

ex.2 MaleVocal(遠)詞=(中)声
もしかしたら詞は近いのかもしれない・・・!?なんて妄想
したくなるNewWaveSong。それ歌っちゃっていいの!?っていう。
端整な声で狂った詞世界をととのえて歌うバランスのよさがプロ。
Male×Sadisticな詞はわりとある(?)中Male×Masochisticは超レア。
素晴らしいです。そんなつもりはなくておそらく映像を言語化した
すごく遠いタイプの詞だとは思いますが・・・

ex.3 MaleVocal(遠)詞=(遠)声
風のような声で風のように愛を歌う。勝手な印象ですがとても
遠く感じます。でも「はっぴいえんど」的なスノッブさはない
(好きな人ごめんなさい!!)・・・詞は直球で「好き」と
歌っているのに遠く聴こえるのはそれこそが個性やなと思います。
「NOT"Snob"」ってとても重要だと思うので素敵です。

ぼんやりすぎて何を書いているのか分かりません。
どんな世界観および距離であれLoveSongを作ってご自身の声で
歌っていらっしゃるのはすごいと思うのです。

またLoveSongが作れなかった(まとめ)
私はFemaleVocal(近)詞=(遠)声ゆえ『徹底してStoryTeller
である』ことができません。また今までの曲を振り返って自分の
Vocalを聴いてみても「好きだよ」が想像つかないなあ・・・
そのくらい声に関しては遠く(どの曲の詞に対しても距離がある)
詞に関しては(自分自身に)近すぎる・・・

今思ったのが「声」が詞の(自分自身に対しての)距離を
決定する側面もあるよねってことです。マインド(こうあろうと
する精神)がいちばん影響することは変わらないのですが、
この微妙なもッさり声であるからこそStoryを歌えないっていう。
中毒性のあるCute★Girly★Voiceの持ち主なら虚構の世界をメイク
する方へ流れるだろうし。ZARDナチュラルVoiceならやはり
発声しているときにどう持っていくか気づいているだろうし。

好きな服(ファッションテイスト)と似合う服は違うというか。
好きな世界観と似合う(映える)世界観は異なる人もいる。
「声」が詞に責任を負う――詞だけではなくて大きく「世界観」に
影響を及ぼすよなあ・・・いくらいろいろ加工できるとはいえ
「自分の声」って(ある意味制限をもたらすとも言えますが)
面白いツールだなあと思います。
ここまでお読みいただきありがとうございますm(__)m

広告を非表示にする

「あ!この曲好き!」のプロセス

こんばんはamrskJPN(あおむらさき)です。
インプットはちょこちょこしていますがアウトプットが
まったくできていません。「何か作りたいなあ」という
マインドがあるわりには何も出てこない。寒いです。

「あ!」は2小節
一般的なPOPS(歌もの)について考えているとき
ふと自分が「あ!この曲好き!」と思うのはどういう
ポイントで判断しているのかが気になりました。

全然知らないミュージシャンの場合は2小節。
それもテレビで出会えることが望ましい。
IDLMs.もサビの「TONIGHT×4~♪」で2小節でした。
時間にして約3秒で私は「あ!」となったのです。

プロであっても2小節聴かせるのは難しいことです。
さて私は何をポイントに聴いていたのか?

まずふわっと全体が耳に届く(サビ前が流れる)

いや正解は「見ていた」のかもしれません。
そのくらいMVは大切だと思います。
BUGGLES(メガネのおっさ・・・世界的プロデューサー)の
アルバムは聴き込んでいますので(笑)

まず「目」でぱっと見ている。

神経伝達のスピードレベルで「少し」遅れて
ふわっと全体が耳に届く。

だいぶ分かれる。
よくないかも知れないけれど苦手な画面(色と光の使い方)
苦手な形式(ある種のストーリー/ある種のダンス)
苦手なスタイリング(顔のよしあしも重要ですが「どう作って
いるか/どう見せたいか」)・・・ここまで「目」

苦手な音・苦手なリズム(音空間の埋め方)・・・「耳」

ふわっとした全体的な像(映像・音像)の判断が終わったら
Vocalにきゅっと焦点を当てて聴いていく(のこり1小節半)

Vocalの「あ!」判断プロセスは以下のとおり。
(テレビでちょっと耳にする場合は必ず
「おいしいところ」を提供してくれているのでよい)

1 声質がよいと思えるか
2 メロディがよいと思えるか
3 聴覚の時点で詞が邪魔をしていないか

1 Good!
2 Good!メロディ・サウンド・調和よい感じ!
3 とりあえずTONIGHTしか聴こえないからOK!

「あ!この曲好き『かも』!?」が2小節で成立しました。

声質はとても大切だと思います。
正直なところ「嫌いな声」が多いので今まで「好きな声」を
記述しにくかったのです(邦楽MaleVocalの場合)

洋楽MaleVocalはニール・テナント(Pet Shop Boys)とか
モリッシーとかソロになってからのボーイ・ジョージとか
(なんか共通点があるようなないような・・・)UK男性の
「水と底のある声(井戸みたいな)」に陰鬱キラキラPOPSや
軽妙なギターサウンド(ジョニー・マー)がのっている
っていうバランスが面白くて今も好きでして・・・

別にIDLMs.のVocalは上記UKっぽいわけではありませんが
今!なう!私の「好きな邦楽MaleVocal」はこれだ!!と
脳に登録することができたのです。

“おしゃれだけど『ほどよい』感じ”

そういう表現が似合う声として「あ!」と入ってくる。
見つけた!この感じが欲しかった!メロディ・・・いいかも?
2小節でここまで心は動きます。
まだ「あ!この曲好き『かも』!?」なのですが・・・

そのあと検索するわけです。
クレジットをメモして(すごい出会いだと思う)検索して
「こういうバンドなんだ!」と認識してさっそく目当ての曲を
試聴してMV見て詞も(あまり重視しないので耳で判断する程度)
・・・やたら攻撃的だったり刺さる(トゲのある)ことを狙って
いなければOK!

「あ!この曲好き!」成立!!!!

以上が「あ!この曲好き!」のプロセスです。

他の曲も試聴してよかったらCDを購入して・・・・・・
LIVEも気になって観に行ったりして・・・・・・
(「このミュージシャンが好き!」の段階)
たった2小節から自分の世界がぐっと広がるのはとても面白い。


邦楽FemaleVocal ver.(ねごとの場合)
1 CMで「カロン」を目にする
 メロディとVocalの声質がとても印象的!「あ!」
2 ラジオで「メルシールー」を耳にする
 (ちょっと最初はドラムのパターンが苦手で「好き」には
 なれなかった・・・細かく複雑なパターンを詰め込む
 空間を埋めがちなドラムはあまり好きではない)

3 しばらく耳にしない・・・たまにCMで聴いたような・・・
4 ネットで新作アルバム『ETERNAL BEAT』の記事を偶然読む
 ブンブン中野さんと作った曲もある!?
 試聴してGood!アルバム購入!
 (シンセ&打ち込み色が強くなったので生ドラムの個性的な
 パターンがそれほど前面に出なくなった気がする・・・
 あまり前に出ると人を選ぶのでよいバランスだと思う)

まだLIVEは行ったことないけれど行ってみたいなあ・・・
上記のアルバムでは「ETERNAL BEAT」という曲が特によいです。
彼女たちのぐにゅ~っとした「やわらかさ」と「弾力性」が
よく表現された曲だなあと思います。光るゴム粘土(?)みたいな。


K-POPMaleVocal ver.(B.A.Pの場合)
1 テレビのランキングで1回だけ見る
 (事務所がそんなに強くないのかゴリ押・・・
 プロモーションは控えめなのかもしれない)

正直K-POPグループは東方神起とBIGBANGのヒット曲しか
分からん(あとEXOくらいかなあ)中でB.A.Pの
「WAKE ME UP」は気になる曲です。メロディがとても美しい。
ちょっとダークでRap成分少なめなのがちょうどよい。

新曲はまた方向性が異なるので様子見(涙)
あといつも思うんだけどなぜ彼らはJapanese ver.を
作るんだろう。その方がファンはうれしいのかなあ?
Korean ver.の「WAKE ME UP」が収録されたCDが
欲しいんだけど情報がよく分からん・・・


さてまとめましょう。
「あ!この曲好き!」って本当にすごい確率の上で
成立する現象なんだなあ・・・
プロでもアマチュアでもそういう「あ!」を生み出すことは
非常に難しい。自分のことを振り返ってそう思います。

私の曲で「あ!」には到底届かなくても・・・
ちょっと「ふむふむ」くらいには聴いてもらえたらよいなあ。
そう思いながらアップロードしています。
(最近はまったくできていません)
最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m